「インタビュー」俳優キム・ヨンミン、「愛の不時着」&「夫婦の世界」が連続ヒット

※一部あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

韓国でことし初めにtvNドラマ「愛の不時着」で成功した俳優キム・ヨンミンが、JTBCドラマ「夫婦の世界」にも出演。俳優パク・ヘジュンが演じる主人公イ・テオの同級生で隣の家に住み、女優パク・ソニョン演じるコ・イェリムの夫で会計士のソン・ジェヒョクを熱演し好評を得た。

多くの俳優は、劇中の役名で呼ばれることを意味あることだと考える。それだけ視聴者に印象深い演技やキャラクターとして残せたという意味で、劇中の役名で記憶されることを望む。「夫婦の世界」最終回が28.4%(ニールセンコリア全国有料放送世帯基準)の自己最高資料率を更新するなどシンドロームとなっただけに、キム・ヨンミンも視聴者にソン・ジェヒョクというキャラクターが強烈に刻まれた。

ソン・ジェヒョクは序盤、純粋な妻イェリムをよそに罪悪感もなく浮気を繰り返す夫として登場する。すっとぼけて図々しいジェヒョクは、妻から離婚しようと言われてから後悔と反省をして、その時になって妻への愛に気づく人物。ジェヒョクの変化に視聴者は、イェリムと復縁するのか気になったが、二人の傷は取り戻すことはできなかった。

Q.「夫婦の世界」が総合編成チャンネルで最高視聴率を記録するなど、多くの人に愛されましたね。

実際、視聴率を期待して始めた部分はあったんです。モPDとキム・ヒエ先輩が出会っただけでも成果があると思ったが、期待以上の結果が出て、やりがいにも満ちて本当に感謝しています。実はちょっと怖かったんですよ(笑)。何より視聴者の方に感謝の気持ちが大きいです。

Q.何が怖かったんですか?

前作「愛の不時着」がヒットして、明るいドラマから一転して「夫婦の世界」では違う感じのドラマにも関わらず、続けてうまくいったからです。突然うまくいくので、次の作品に対するプレッシャーが大きくなって、欲も深くなります。今後するべき作品やキャラクターをきちんと準備して、しっかりやっていけばいいんですが、2つの作品がうまくいっても、これから過程より結果だけを考えて慢心してしまうのではないかと思ったんです。自ら「肩の荷を重くせず、お前がやるべきことをちゃんと考えろ」と自分自身に言い聞かせているんです。

Q.「SKYキャッスル」と、「愛の不時着」、「夫婦の世界」と大ヒット続きですが、ヒットする作品を見抜く目があるんですか。

「夫婦の世界」がうまくいっている時に、韓国で私のように運のいい俳優がいるのだろうかと思いました。全ての作品がヒットしたらいいんですが、それは思い通りにいかないじゃないですか。毎回最善を尽くすけど、結果は私の手から離れていると思っています。そういう点において、こうして出演する作品ごとにうまくいったのは、本当に大きな運以外に考えられませんでした。ここで話した“運”というのは、いいチームに出会ったという意味です。

Q.「夫婦の世界」と「愛の不時着」の撮影が重なったりもしたんですか。

「愛の不時着」が終わるころに「夫婦の世界」の撮影になりそうだったので出演を決めたんですが、クィッテギが韓国に来て「愛の不時着」の分量が多くなったんです。私はクィッテギが恩返しして死ぬと思っていたんですが、韓国に来ることで撮影が重なってしまいました。「愛の不時着」と違って「夫婦の世界」は演技力で引っ張る部分があり、台本を一回でも多く読んでいました。個人的に努力して、共演者との呼吸もよく、撮影が重なったけどやり遂げることができました。

(2ページに続く)

・「愛の不時着」ヒョンビンvsオ・マンソク、絶頂に達する2人の男の対立..キム・ヨンミンも加勢

・【全文】KBS側、「街の晩餐」のキム・ヨンミン自主降板受け入れ…シーズン2の議論の原点

・訴訟問題「EXO」の事務所・SM代表理事キム・ヨンミンって?

・「GYAO!」にて 韓国ドラマ『秘密と嘘』の WEB先行独占無料配信が決定!

2020.05.25

blank