防弾少年団、2年連続「大賞」でいっそう期待される2019年…“防弾少年団という名前が誇らしい”

2019.01.07

人気アイドルグループ防弾少年団が、2年連続で「ゴールデンディスクアワード大賞」をつかんでARMYにもうひとつの自慢の種を与えた。

防弾少年団は、6日午後、ソウル高沢(コチョク)スカイドームで開催された「第33回ゴールデンディスクアワード」のアルバム部門授賞式で「大賞」をつかんだ。これは、去年に続いて2年連続の「大賞」受賞となった。

特に防弾少年団は、去年「2018 ソリバダベストケイミュージックアワード」を皮切りに「2018 MGA」「2018 AAA」「2018 Melonミュージックアワード」「2018 MAMA」「ゴールデンディスクアワード」まですべての歌謡授賞式で「大賞」をつかんだ。また防弾少年団はこの日、「本賞」「U+アイドル Live 人気賞」「ワンイー(網易)ミュージックゴールデンディスク人気賞」を受賞して4冠王という栄誉を抱いた。

このような結果だから、防弾少年団はもう「大賞」受賞になれているともいえる。しかし防弾少年団は、彼らの名前が呼ばれると喜びを隠すことができない様子で感謝のあいさつを伝えた。

(2ページに続く)

・「防弾少年団」から「IZ*ONE」まで…専門家25人が選定した今年期待のK-POPアイドルTOP4

・防弾少年団、”ARMYも大賞おめでとう。おかげで元気をもらって活動”

・「コラム」絶頂期のBTS(防弾少年団)を悩ます今後の兵役問題!

・「ゴールデンディスク」防弾少年団、2年連続「アルバム部門大賞」で4冠達成…”チームの名前が誇らしい”