「インタビュー」「客 The Guest」キム・ジェウク“激しいエクソシスム演技、共演者たちから力をもらった”

2019.01.01

写真=マネジメントSOOP

 

俳優キム・ジェウクがOCN初の水木ドラマ「客 The Guest」でエクソシスト司祭チェ・ユン役を演じ、彼ならではの独歩的な雰囲気をアピールし、存在感を立証した。家族を失った壮絶さから憑依された者をエクソシスムするという固い意志まで、迫真の演技で好評を得た。魂が吸い込まれるようなエクソシスムの演技に渾身の力を注いだ彼は「キム・ドンウク、チョン・ウンチェと監督がそばにいたから大丈夫だった。付魔者(悪霊などの霊にとりつかれた人)たちが熱演してくれたので、さらに大きな力を得た」と仲間達に功を捧げた。今年、ドラマや映画、舞台をまたぎながら演技への情熱を燃やしたキム・ジェウクに、ソウル市論硯洞(ノンヒョンドン)のあるカフェで会った。

Q.「客 The Guest」を終えた感想はいかがですか? エネルギーをたくさん注いだと思いますが、体力は大丈夫ですか?

キム・ジェウク:体力が落ちたのは事実です。知らず知らずのうちにあちこちで怪我をして、作品をしている間はより敏感になるので、体調が悪化しました。深刻なわけではありません(笑)。回復する時間を持たなければいけませんね。

Q.こんなに辛いと予想していましたか?

キム・ジェウク:予想していました。ドラマと役柄が重すぎて、雰囲気を維持するのも重要だったけど、カメラが回っていない時は俳優やスタッフのみんなとできるだけたくさん話をしたり、たくさんふざけたりもしました。僕もドンウクもよくふざけるタイプです。ふざけすぎると現場から集中していないと言われかねませんが、スタッフ皆が配慮してくれました。そうしないとエネルギーが得られないということを理解してくれました。時間に追われ、激しい撮影でしたが、カメラが回っていない時は、楽しい雰囲気を作りました。

Q.少し痩せられたように思いますが、チェ・ユン役のためにあえて減量されたんですか?

キム・ジェウク:あまり気にならない限り、役のために太ったり痩せることはしていません。作品が終わる頃には痩せています(笑)。気が抜けたのか、痩せたのか、作品ごとにそうでした。

Q.気が抜けたようですね。

キム・ジェウク:全力を尽くして憑依する演技をしている俳優を見ると、気が吸い取られるような気になりました。エクソシスムをする時、その分エネルギーを上げなければならなかったので大変でした。すごく自分に集中していてもカットが出たら、隣にドンウクやウンチェ、監督がいてくれてよかったです。

Q.「客 The Guest」を選んだ理由は何ですか?

キム・ジェウク:台本が面白かったです。新しいジャンルのドラマを作るということ自体が興味深かったです。映像でどうやって作りあげるのかが知りたくなり、意欲が湧きました。「ボイス1」で一緒に仕事をしたキム・ホンソン監督に対する信頼もありました。監督に一緒にやろうと積極的に誘っていただいたので、悩む理由がありませんでした。

Q.OCN初の水木ドラマということで、プレッシャーはありませんでしたか?

キム・ジェウク:結果については心配しません。もちろん責任感は感じています。でも悩んだりプレッシャーを感じたからといって解決できるわけではありません。その時その時に集中するだけです。見ている人が僕の演技に夢中になるように、力を注ぎます。結果が良ければ当然力が出ますが、最初からプレッシャーを持って臨んだりはしません。

Q.視聴率は意識しませんでしたか?

キム・ジェウク:初めての水木ドラマで、夜11時に放送されました。それでも予想より良かったです。初めは皆が努力して恥ずかしくないほど上手く作れば、話題になると思いました。

Q.エクソシスト司祭を演じるためにたくさん準備しましたか?

キム・ジェウク:僕は宗教を持っていません。だからカトリックという宗教を理解しなければなりませんでした。そこから始めて、エクソシスムの儀式について理解していきました。司祭の人生がどんなものかを知る必要があったので、聖堂に行ったし、神父にインタビューもしました。

(2ページに続く)

・【トピック】俳優キム・ジェウク、実兄の結婚式で見せた姿が“モ・テグ”だと話題に

・キム・ジェウク主演最新作「客:The Guest(原題)」2019年1月日本初放送!

・「インタビュー」「愛の温度」キム・ジェウク オフィシャルインタビュー

・韓流スターの女優役でパク・シネが特別出演!「愛の温度」キム・ジェウクとの和気あいあいとした撮影風景を公開!