「個別インタビュー」MYNAMEジュンQ &CROSSGENEセヨン&テジュ、舞台「夏の夜の夢」に挑戦「悲しい気持ちの方が少しでも笑顔になってくれたらうれしいです」

2018.09.11

MYNAMEジュンQ

 

ウィリアム・シェイクスピアの人気作「夏の夜の夢」に出演するMYNAMEジュンQ &CROSSGENEセヨン&テジュ。ジュンQは特に今年から演技に挑戦しており、セヨンは舞台はこれが初挑戦、そして日本での活動を始めたばかりのテジュという新鮮な組み合わせで妖精を演じる。400年前の上演方法に従い、全キャラクターを男性俳優が担当し、ジュンQとテジュは夫婦役を演じるという点にも注目が集まる同演劇。上演が来週に迫り、稽古真っ最中の3人にインタビューを行った。

Q.「夏の夜の夢」の開演まで一週間をきりましたが、稽古は順調ですか?それともまだ修正しなければいけない点も多いですか?

ジュンQ:はい、いっぱいあります(笑)直すところもあるし、セリフがものすごくあって…頑張らなければいけないところがたくさんあります。日本語も普段僕たちが使うような言葉ではなく、ちょっと古典的な言い回しがあるのでそれが難しいですね。

セヨン:自分の役割に合うように繰り返しアップグレードをしていっているような段階ですね。

Q.3人の中でジュンQさんが一番セリフが多いのですか?

テジュ:一番多いのはセヨンじゃない?

ジュンQ:そうですね、僕が一番多いわけじゃないけど、僕の頭が悪くて(笑)セリフを覚えるのが大変ですね。

テジュ:ジュンQは他の仕事もあって、合流するのが遅かったんですよ。僕は時間がいくらあってももっとほしいなと思って満足できないタイプで、今ももっとうまくなりたいなという気持ちで頑張っています。

Q.「夏の夜の夢」はとてもストーリーが有名ですが、もともとお話を知っていたり、舞台で観たことはありましたか?

ジュンQ:僕は高校が技術系の学校だったんですけど、学生の時友達が演じたのを見たことがありました。

セヨン:僕は出演が決まった後でストーリーを詳しく調べてみました。それからシンくんに、「キム・スヒョンさんも以前その作品やってたよ。だからめっちゃ頑張ってね」って言われて、そうだったんだ…って思いました(笑)

テジュ:僕はもともとシェイクスピアの作品が好きなので知っていたし、本を見て勉強したことはありましたが、舞台は見たことがなかったです。

Q.「夏の夜の夢」はこれまでさまざまなキャストで何度も上演されている作品です。有名な作品であることに対するプレッシャーはありましたか?

セヨン:そうですね、でもこれに限らず、どんな作品をする時でもプレッシャーはありますね。でもこの作品の一員としていられること自体が幸せなことだし、また新しい姿をお見せできることは、ファンの皆さんにとっても僕にとっても良い機会だと思っています。

ジュンQ:シェイクスピアは現代の話ではないので、「うまくやらなきゃ」というプレッシャーがよりあると思います。演技力でそれを見せていかなければいけないので、今回は新しいチャレンジだと思っています。

テジュ:僕はプレッシャーよりは、こんな良い作品に出れるということがすごく楽しみで、最初に決まったことを知った時も「えっ!えっ!夏の夜の夢!?」って感じでした(笑)

(2ページに続く)

・「取材レポ」MYNAME(チェジン、セヨン、ジュンQ)、”たくさん韓国に来てね〜!”韓国の魅力をPR!「2018韓国観光フェスティバル」に登場!

・フォトシネマ朗読劇に次いで新たなプロジェクトが始動! ステージからスクリーンへ新たなる次元へ! 「最果てリストランテ」  映画化決定!! 村井良大 ジュンQ(MYNAME)コメント到着!!

・「イベントレポ」村井良大、テジュら初日公演大盛況!ジュンQ(MYNAME)、コン・テユ、ジンソク、も順次出演!俳優、声優、韓流、ミュージシャンらが集結した、フォトシネマ朗読劇「最果てリストランテ」がいよいよ7日より公演をスタート!

・「個別インタビュー」MYNAMEジュンQ、初舞台・朗読劇・映画に挑戦!「本番1週間でどう感情が動くのか自分でも楽しみです」