「インタビュー」L.Joe(TEENTOP)から俳優ビョンホンとしてひとり立ち…"演劇のカーテンコールで熱いものを感じた"

Q. TEENTOPを出て初めての作品でしたが、プレッシャーも大きかったでしょう。

A プレッシャーがなかったと言えば嘘でしょう。また、「ゴハン行こうよ」は固定ファンがいるドラマなのでいっそう固い決意をしました。ところでシナリオリーディングが終わって先輩の俳優の方や ビョクジュンに会って、プレッシャーよりは撮影が楽しそうだという期待がとてもわきました。みなさん、性格がとてもよかったです。劇中でのキャラクターも明るい人物なのでもっと楽しくしました。

Q. TEENTOPで活動する時も演技活動を並行しましたが、自身の道が演技だと確信した時期や作品がありましたか。

A 演技はずっと続けたいと思っていたし、演技に対する渇きがありました。大学路(テハンロ)に引越したのも同じ理由でした。演劇の舞台がたくさんある場所の近くにいたいと思いました。演技はすればするほどとても難しいです。終わりがない宿題のようです。先輩たちのインタビューをたくさん見ます。僕が見ると演技がとても上手な先輩たちですが、インタビューでは「いつも演技が難しい」と答えるでしょう。僕はいつ頃僕の演技に満足できるだろうかと悩みながら暮らしています。

(3ページに続く)

・俳優ビョンホン(元TEENTOP L.Joe)、“(急に入隊した)ユン・ドゥジュン(Highlight)とビール1杯飲む時間があれば良かった”

・「TEENTOP」離れ独自活動中のL.Joe、俳優名ビョンホンでtvNドラマ「ゴハン行こうよ3」に電撃出演

・【公式】TOPメディア-「TEENTOP」元メンバーL.Joe、専属契約紛争が終結

・【公式】「TEENTOP」側、独自活動のL.Joeに対し損害賠償請求…専属契約違反で

2018.09.02

blank