「個別インタビュー」A.C.E、新曲「Take Me Higher」の活動でグループの雰囲気もアップ! Zepp公演にも自信「僕たちがCHOICEを愛する気持ちを感じてほしい」

2018.08.09

今夏は韓国で1stリパッケージアルバム「A.C.E ADVENTURES IN WONDERLAND」(6月7日発売)のリード曲「Take Me Higher」を引っさげ、約2カ月活動し、それぞれが個性あふれる魅力を放ちながら、グループとしてもまた一段と成長したA.C.E。
韓国での活動を終え、3月の日本初公演「A.C.E JAPAN Showcase Fan-con ~SWEET FANTASY~」以来となる、Zepp公演「A.C.E LAND in JAPAN」を直前に控え、メンバーのジュン、ドンフン、ワウ、キム・ビョングァンの4人が一足先に来日。礼儀正しい彼ららしく、いつものように全員そろって元気よくあいさつをしてくれた後、インタビューでは和気あいあいと韓国での活動を振り返り、メンバーの意外な一面、そして、8月9日東京、11日大阪でのZepp公演の見どころを語ってくれた。

-韓国は日本より暑いと聞きましたが、どのようにこの暑さを乗り切っているのか、自己紹介を兼ねて、1人ずつ夏の暑さ対策法を教えてください。
ワウ:こんにちは。A.C.Eのワウです。暑い日は、すぐにシャワーを浴びます。シャワーをした状態で、扇風機とかエアコンの風に当たりながら体の熱を放出して、夏を過ごしています。
ジュン:お久しぶりです。リーダーのジュンです。僕の場合、暑さを避けるというより、エアコンのあるところに行くタイプです。そして、できるだけ外に出ないようにしています。夜は、たまに風に当たるため、外に出ますが、基本的に外に出ても、何一ついいことがないですから(笑)。あと、たくさん水を飲んでいます。
キム・ビョングァン:こんにちは。A.C.Eのキム・ビョングァンです。暑い夏は、やっぱり怖いものが一番! 夏はホラー映画の季節だから、必ず見に行くし、携帯電話で怖い漫画、怖い話とか、鳥肌が立つようなものを見て楽しんでいます。ことしは、映画「昆池岩」をメンバー全員で見に行きました。みんな怖がりなので、「ギャーー」って悲鳴を上げていました(笑)。以前も僕とチャン、ドンフン兄で「死霊館 エンフィールド事件」を見に行ったことがあるんですが、僕とチャンが「あーーーー!!」ってものすごい大声を出すから、真ん中にいたドンフン兄が恥ずかしいって。周りはカップルだらけのところに、男3人で、しかも大声を出しているから、変な目で見られた思い出があります(笑)。
ドンフン:こんにちは。A.C.Eのドンフンです。夏は日焼けしないようにというのもあるし、冷たい空気に触れたいから、なるべく日陰に入るようにしています。あと、他の方法としては、逆に暑さを受け入れ、それを楽しむこと。あえて長袖を着て、汗をかくだけかいて、暑さを楽しんだりもしています。
-今回の「Take Me Higher」の活動は、7月25日の音楽番組への出演をもって終了となりましたが、思い出に残っていることは何でしょうか?
ジュン:今回、ずっとやりたかったサイン会が初めてできたんです。ファンの方と近くでお会いできて、いろいろ話を交わすことができて、本当にうれしかったです。ファンの皆さんが僕たちに言いたかったこと、僕たちがファンの皆さんに言いたかったことを直接伝えられるいい機会になったので、ファンの皆さんともっと近づけたと思います。
-ファンに言われてうれしかった言葉は?
ジュン:「カッコいい」。ハハハハハ。
キム・ビョングァン:イケメン~。
ジュン:そういうこともたくさん言ってもらったし、「歌ってくれてありがとう」という方も多かったです。その言葉にすごく感謝しました。と同時に、もっと頑張らなきゃとも思いました。

(2ページにつづく)