「インタビュー」「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」ソン・イェジン“ソ・ジソブとチョン・ヘインの違いは…”

2018.07.04

写真=MSTEAMエンターテインメント

 

最近、韓国で放送が終了したJTBCドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」のアン・パンソク監督は、車から降りて撮影現場に歩いて来る女優ソン・イェジンの姿を見て「まるでプロボクサーのモハメド・アリのようだった」と表現した。それは小さなシーンでも軽く見ず、1つも逃さないという理由からだった。そして監督は「20年近く演技をしてきた女優の品位と威厳が感じられた」と付け加えた。2001年に、ドラマ「おいしいプロポーズ」でデビューしたソン・イェジンはドラマや映画などに出演し、未だに多くの人々から愛されている女優だ。最近は「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」に出演し、より一層深まった演技力で人気を博した。

Q.特別な作品と話していたドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」を終えた感想はいかがですか?

ソン・イェジン:ドラマの中のユン・ジナというキャラクターは、私の年齢と全く同じなんです。未婚だというのも同じです。ジナはキャリアウーマンだけれど、歳が同じだということだけで共感できるものというのがありますよね。だからジナというキャラクターが他人のようには感じられませんでした。非現実的なキャラクターではないので、個人的にたくさん共感しました。人物に対する思いが格別でした。

Q.2013年のドラマ「サメ~愛の黙示録~」以来、5年ぶりのテレビドラマへの復帰でしたがプレッシャーはありましたか?

ソン・イェジン:とても心配でした。実際、ドラマを選ぶのは簡単なことではありません。過酷な撮影環境に耐えながら、ドラマを上手く出来るだろうかと不安が大きかったんです。撮影が始まると、台本も前もってもらえない上に、睡眠もろくに取れないため普通の精神状態で演技することもできません。なので、作品を選ぶのは大変でした。今回の作品は、アン・パンシク監督でなければ出演する勇気すら出なかったと思います。初めて会った時に「たくさん寝させてあげる」と言われたんです(笑)。基本的なものを享受できる、人間的な現場を作ると言ってくれました。また、監督に対する俳優たちの信頼の深さについてもよく知っていたので、信じていたし恐れもありませんでした。

(2ページに続く)

・「PHOTO@ソウル」ソン・イェジン、チョン・ヘインら、ドラマ「よくおごってくれる素敵なお姉さん」の打ち上げに出席

・女優ソン・イェジン、メイクアップも清純&セクシーに!鎖骨が際立つオフショットが話題

・【公式】女優ソン・イェジン側、中国テレビ番組の”遺影作成”を確認 「対応策を協議中」

・中国バラエティ番組がソン・イェジン、ソヒョン(少女時代)らの”遺影”を作成 「悪意なかった」と謝罪