ドラマ「私たちが出会った奇跡」 EXOカイ、セリフがなくても視線集中...最高の存在感

人気アイドルグループEXOカイの存在感は、テレビドラマでも強烈だった。

カイは2日、初放送されたKBS新しい月火ドラマ「私たちが 出会った奇跡」でメッセンジャーのアートに扮したセリフのない短い登場だったが、劇のファンタジー的な要素を引き出して視聴者に自身のキャラクターを確かに刻み付けた。

神界共和国のセールスチームの新人で、主に死者の魂を回収する仕事をするアートは、同じ日の同じ時間に生まれ、同時に事故に遭ったソン・ヒョンチョルA(キム・ミョンミン)とソン・ヒョンチョルB(コ・チャンソク)の魂を取り違えて連れて行くというミスを起こし、そのため当惑する様子が描かれた。

(2ページに続く)

・【公式】EXOカイ、主演日本ドラマ「連続ドラマW 春が来た」が今月13日に日韓同時放映

・EXOカイ、日本での初主演ドラマ『春が来た』の試写会開催…“このドラマを選択して良かった”

・EXOカイ「アンダンテ」で驚くべき集中力

・EXOカイ、ドラマ「アンダンテ」で彼が慌てた理由は?

2018.04.03

blank