【公式】EXOカイ、主演日本ドラマ「連続ドラマW 春が来た」が今月13日に日韓同時放映

人気グループEXOカイ主演の日本ドラマ「連続ドラマW 春が来た」(以下、「春が来た」)が、今月13日に日本と韓国で同時放送される。

「春が来た」は、カイが初主演を務めた日本のドラマで放送前から話題を集めた。最高の脚本家と評価される向田邦子の短編原作ストーリーに「家族の再誕生」という普遍的なテーマが加わったヒューマンドラマだ。


カイは韓国人のカメラマン、イ・ジウォンを演じる。デパートの下着売り場で働く平凡な31歳の女性岸川直子(倉科カナ)が、ある事件で韓国人カメラマンのイ・ジウォン(カイ)と出会い、ジウォンの存在が直子の家族に変化をもたらすという内容だ。

カイはドラマ関連のインタビューで「ラブストーリーだけでなく、家族の愛が含まれた作品」と紹介した。また、日本のあるファッション誌とのインタビューでは、「ドラマの中で服を脱ぐシーンがあったため、体を作るためにトレーニングに励んだ」と言い「撮影中も時間があれば運動をし、今ではそれが趣味になった」と明らかにした。(2ページに続く)

2018.01.11

blank