「個別インタビュー」イケメン若手俳優グループOne O One(101)、俳優としての魅力とは? 4人の褒め合いトークに「恥ずかしいね」

左から アン・ヒョソプ、クァク・シヤン、ソン・ウォンソク、クォン・ドギュン

12月17日(日)に日本で3度目となるファンミーティング「101 Japan Fan Meeting - My First Love -」を開催したOne O One(101)。クァク・シヤン、クォン・ドギュン、ソン・ウォンソク、アン・ヒョソプの4人からなる長身&イケメンの若手俳優のプロジェクトグループだ。

基本的にはそれぞれ俳優活動をベースにバラエティ、CMなどさまざまな分野で活躍しているが、One O Oneとしても音楽活動などを通して、4人が新たな魅了を引き出す相乗効果を発揮し、注目を浴びている。

平均身長187センチという抜群のスタイルで、一際目を引くカッコよさだが、実は遊び心や茶目っ気にあふれた4人。インタビューでは照れくさそうにしながらも、お互いを俳優としてどう見ているのか、それぞれの魅力をたっぷりと語ってくれた。

-まずはファンの皆さんに、自己紹介を兼ねてあいさつをお願いします。
クァク・シヤン(以下、シヤン):こんにちは。韓国で俳優兼プロジェクトグループOne O Oneとして活動をしているクァク・シヤンです。韓国で精力的に活動をしていますが、日本のファンの方にもたくさんお会いできる機会が増えたらうれしいです。
アン・ヒョソプ(以下、ヒョソプ):こんにちは。僕はアン・ヒョソプです。俳優で、兄貴たちとOne O Oneとして活動しています。僕たちが日本にしょっちゅう来られるわけではないので、ファンの皆さんと会える時間がとても貴重だと思っています。
クォン・ドギュン(以下、ドギュン):こんにちは。韓国で俳優をしているクォン・ドギュンです。今回3度目のファンミーティングですが、もっとたくさんの方にOne O Oneを知ってもらい、さらにファンが増えたらうれしいです。
ソン・ウォンソク(以下、ウォンソク):僕は俳優ソン・ウォンソクです。1カ月前から、日本でのファンミーティングをどれほど楽しみにしていたか、ということをまずは言いたいです。4人でファンミーティングの打ち合わせをしながら、すごくワクワクしていました。これからは、最低でも年に4回ぐらいはファンの皆さんと会いたいなと(笑)。そうすれば、もっと親近感もわくと思うので、頻繁に会えたらうれしいです。

(2ページに続く)

カラム、ソヌ(Boys Republic)、クォン・ドギュン(One O One)出演『あなたもきっと経験する恋の話』3月に待望の再演決定!

「個別インタビュー」ONE O ONE(ワンオーワン)“初来日公演はそれぞれの魅力を発見してもらえる機会にしたい!”

One O One(101)JAPAN Fanmeeting"The Beginning"、 3/19(日)PREMIERE HALLにて開催決定!!

「取材レポ」韓国若手俳優グループ101 (One O One)“歌にトークに新しい魅力発見!”日本初ファンミーティング開催!

2018.01.24

blank