「個別インタビュー」俳優ユ・ジュンサン、歌手・映画監督などマルチに活動する理由とは?「活動は全て“いい俳優”になるための過程。好奇心が旺盛なんです」

ミュージカル「三銃士」「フランケンシュタイン」「あの日々」「ロビン・フッド」など数々の名作で活躍する韓国ミュージカル界を代表するスターであり、俳優として、また歌手、映画監督としてもマルチに活躍するユ・ジュンサン。
最新作では、韓国で月火ドラマの同時間帯視聴率1位を独走した社会派ドラマ「操作(原題)」(CSチャンネル衛星劇場にて12月15日(金)~日本初放送)に出演し、後輩から尊敬を集めるエリート記者役を熱演。確かな演技力で物語に深みを与え、ドラマを引っ張った。
また、歌手としてギタリスト、イ・ジュンファと「J n joy 20」というユニットを結成し、本格的に音楽活動も。年末にはコンサートも控えており、アグレッシブに活動を展開している。
そんなユ・ジュンサンが、CSチャンネル衛星劇場にて、12月23日(土)に放送される「田代親世の韓流総決算2017」にゲスト出演するため、来日。スケジュールの合間を縫って、快くインタビューに応じ、この1年を振り返りながら、深い話を聞かせてくれた。



-1年の韓流シーンを振り返る番組「田代親世の韓流総決算2017」にゲスト出演されましたが、ユ・ジュンサンさんにとっては、2017年はどんな1年でしたか?
韓国の数え歳で、もうすぐ50歳(1969年生まれ)になるんで、どうしたら充実した時間を過ごせるか、いろいろ考えました。それで、ライフワークであるミュージカルに出演しながら、ドラマの撮影もあったので、時間を上手く配分し、さらに、好きな音楽に関する仕事もして、本当に充実した日々を送りました。それから、音楽映画の監督もしていて、すでに2作品を作っているんですが、次の3作目は富士山で撮影します。ことし初め、富士山に行って、ロケハンも済ませました。来年1月、富士山で撮影をスタートさせる計画です。
-富士山を選んだのは、どのような理由ですか?
最初の作品は南海で撮影し、次の作品は米国の都市を回りながら撮影したんですけど、3作目は、“春の物語”を撮りたいなと思い、どこで撮ろうかなと考えていたとき、僕の好きな日本映画「Love Letter」の「お元気ですか~?」というシーンがふと思い浮かんだんです。それで、富士山で「お元気ですか~?」と叫んだら、面白そうだなと思って、企画を進めることになりました(笑)。
-どのようなテーマの音楽映画になるんでしょうか?
“変化”と“変化しないもの”をテーマに作ろうと思っています。「お前すごく変わったね」というときもあれば、「お前何も変わっていないね」というときもあると思うんですが、その2つの内容を全く別の形で描き、音楽映画で、自分の人生を音楽と照らし合わせてみたらどうか、というところからスタートしている作品になります。
(2ページにつづく)

 

「操作」ナムグン・ミン、ユ・ジュンサンと5年ぶりに再会するも対立

オム・ギジュン/ユ・ジュンサン/ミン・ヨンギ/キム・ボムレ出演『プレミアムコンサートTHE ONE 2017』開催のお知らせ

チャ・スンウォン&ユ・ジュンサンら、“ユンノリ”ショット公開

「インタビュー」「風の便りに聞きましたけど!?」DVD ユ・ジュンサン(ハン・ジョンホ役)

2017.12.15

blank