「コラム」イ・ジョンソクは、深遠な世界を表現できる俳優!

©FRAU INTERNATIONAL

 

多くの俳優が活躍している韓国芸能界において、イ・ジョンソクは独特な立ち位置を持っている。それは、「孤高」という表現を使っていいほどの存在感だ。そんな彼が日本でファンミーティングを開いて、素顔の魅力を披露してくれた。

 

演じた役の1位は?
人間が持っている感情の幅広さ……その世界観を役柄に成りきって表現するのが俳優である。単調であってはいけない。多様な感情をあまさず表せられることが、韓国の俳優に一番求められることなのだ。
その点でイ・ジョンソクは、天性の俳優魂を持っている。
本人はかなりシャイなはずなのに、カメラの前に立つと、自分自身を一気に深遠な世界に飛ばすことができる。

それゆえ、同じように別世界に連れていってほしいと願うファンの心を、イ・ジョンソクはつかんで離さないのである。
12月8日に大宮で開いたファンミーティング。テーマごとにイ・ジョンソクが今まで演じてきた役柄の中から人気投票を実施したが、1位に輝いたキャラクターは『W-君と僕の世界-』の主人公カン・チョルだった。
女性のあこがれをイ・ジョンソクが魅力的に実現させたのだから、それも当然かもしれない。(ページ2に続く)

2017.12.15

blank