「取材レポ」MYNAMEセヨン、大国男児カラム登壇!ホリはものまねで2人を応援!「いつだって最高の友達」制作発表記者会見

2017.06.02

7月1日~7月9 日、新宿シアターモリエールにて、オール韓国人キャストによる全編日本語での舞台「いつだって最高の友達」の上演が決定。
6月1日(木)、東京・表参道LAPIN ET HALOT(ラパン・エ・アロ)にて、出演者のセヨン(MYNAME) 、カラム(大国男児)が登壇し、制作発表記者会見が行われた。
白いシャツにブラックのダメージジーンズ姿のセヨンと、ブラックのインナーにネイビーのジャケット姿のカラムが登場。


ヤマダシンジ役のセヨン、オダギリショージ役のカラムがそれぞれあいさつすると、早速、前作「あな恋」を命名したカラムがセヨンからのツッコミが入る中、第二弾となる本作も「いつ友」と命名。
さらに「『いつ友』はヒロシ、ショージ、シンジの幼馴染、ベストフレンド3人の話です。ある日、ヒロシがある女性を連れて来てから起きる様々な出来事を楽しく、コメディ的なそういった舞台ですね」と紹介した。
流暢な日本語で話す、カラムに「上手すぎ!」を連発するセヨン。
カラムは「今回も全編日本語ですから、日本人に近い話し方と、演技も含めてできたらと思っています」と意気込んだ。
また、Wキャストとなるヤマダシンジ役を初舞台となる元BEE SHUFFLEのミンスが演じ、カワイヒロシ役は元Apeaceのチャンウ、ウエダジュリ役はカン・ハンナが演じる。

(2ページにつづく)