「インタビュー」イム・シワン、初主演映画『戦場のメロディ』“戦場に響く小さな歌声が起こした、大きな奇跡” オフィシャルインタビュー

%e6%88%a6%e5%a0%b4_%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3 戦場に響く小さな歌声が起こした、大きな奇跡
映画『戦場のメロディ』
イム・シワン オフィシャルインタビュー

 

ZE:Aのイム・シワンを主演に迎え、朝鮮戦争まっただ中すべてを失った子供たちによる「児童合唱団」のピュアな歌声が人々の心を癒していく真実の感動作『戦場のメロディ』(10月29日(土)より、シネマート新宿ほか全国にて公開致します。

1950年に始まった朝鮮戦争。戦場や軍の病院などの慰問公演に始まり、1953年7月27日の休戦後はアメリカへ、1960年代には日本から東南アジア、そしてヨーロッパにまで巡演をおこなったという実在の児童合唱団をモデルにした本作。劇中では「児童合唱団」の約30名の子役たちが4か月にわたる特訓で身につけた美しいコーラスを披露。実話をモチーフに様々な喜怒哀楽を盛り込み、戦争の悲惨さ、力強く生きる子供たちの姿を丁寧に描き、深い余韻の残る感動作となっております。俳優たちの名演と子供たちのピュアな歌声が、明日への希望につながるハーモニーとなって奇跡を呼び起こしていく。
韓国で社会現象を巻き起こしたドラマ「ミセン-未生-」や、観客動員数1100万人突破の社会派映画『弁護人』などで俳優としても高く評価され、本作で映画初主演を務めるイム・シワンのインタビューが到着しました。

%e3%82%b5%e3%83%95%e3%82%99%ef%bc%95

Q:出演を決めた理由について

この映画はキャラクターというよりは作品自体に魅力を感じました。台本を読んで何日間、子ども合唱団が歌いながら公演で回っていく姿がずっと目に浮かんでいました。子供たちの声が聞こえるようで、純粋な子供たちの魅力に引かれ、この映画をやるべきではないかと思いました。09

Q:「弁護人」「ミセン」などヒット作が続いた後、たくさんのオファーがあったとおもいますが作品選びにおいて最も重要視されていることは何でしょうか?

作品選定の基準は正直まだありません。私もその基準を探したいと思っていますが明確にまだ作り切れていません。最優先で考えるのは「台本を読んで、その中に自分の姿を描けるか」ということです。私の行動や言葉がそこに見えるかどうか、それがないと台本を読む段階からこれは難しいなと思います。%e3%82%b5%e3%83%95%e3%82%99%ef%bc%93

Q:今回ハン・サンヨル役を演じるにあたりどのような準備をされましたか? 

ハン・サンヨルは指揮をやり、ピアノも弾ける人なのですが、実際の私はどちらもできません。これは練習するしかありませんでした。どちらも初めてだったので大変時間がかかりました。自ら選んだ道ですが、大変疲れました。これからも同じようにちゃんと準備するしかないと思っています。

(2ページにつづく)

 

2016.10.07

blank