≪中華ドラマNOW≫「働く女子流ワタシ探し」35話、散歩から帰って来なくなったファンシンの父親、アルツハイマー病と診断される=あらすじ・ネタバレ

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

Netflixドラマ「働く女子流ワタシ探し」35話では、ファンシンが会社を辞め花屋を開業することを決める様子やファンシンの父親がアルツハイマー病と発覚する様子が描かれた。

ユエンソンはファンシンが辞職する話を聞くと、ファンシンが自分と会社で会いたくないからだと思い、ファンシンを探し退職の理由を尋ねたのだった。ファンシンは自分が会社を退職する事はずっと前から決まっていたことでユエンソンとは関係がないと話し、ユエンソンが素敵な人と出会う事を願っていると言った。ファンシンの話を聞いたユエンソンは気分を悪くし、その場を後にした。

ツァンヤンが働いているミンミンを見にミンミンの職場を訪れた。ミンミンはハート型に折った100元をツァンヤンに渡すと、今後はツァンヤンとイエ社長の後ろ盾になり、沢山お金を稼いで2人を支えると話した。ミンミンの決意を聞いたツァンヤンは感動したのだった。

ユエンソンが自宅で父親と食事をしていた時、父親がユエンソンに自分の会社の勉強をするように言った。父親の話を聞いたユエンソンは気分を悪くし、午後に取引先に行くと言ってその場を後にした。そんなユエンソンの態度を見た父親はユエンソンが自分に宣戦布告したと思い怒ったのだった。

ファンシンは父親が作ったスープを持ってシャオユーのお見舞いに行った。その場にはファンファンもいたが皆ファンファンを空気のように扱った。ファンシンはシャオユーを諌めると自分が会社を辞めて花屋を開く予定であることを話し、シャオユーに一緒にやらないかと尋ねた。その時、イエ社長がシャオユーのお見舞いにやってきた。イエ社長はシャオユーにプレゼントを渡すと皆を喜ばせたのだった。

(2ページに続く)

2022.12.07

blank