再生ランキング、アーティストTOP10の1位はBTS!邦楽シングル1位はJO1「MIDNIGHT SUN」 タワーレコード年間チャート「2022 ベストセラーズ」発表!

タワーレコード株式会社では、本年度の年間チャートで音楽、映像にて11カテゴリー、TOWER BOOKSにて6カテゴリー、ならびにタワーレコードと株式会社レコチョクが共同で運営する音楽サブスクリプションサービス「TOWER RECORDS MUSIC」の再生ランキング2カテゴリー、合計19カテゴリーを発表します。

Snow Man「Snow Labo. S2」Snow Man「Snow Labo. S2」

JO1「MIDNIGHT SUN」JO1「MIDNIGHT SUN」

Red Hot Chili Peppers「Unlimited Love」Red Hot Chili Peppers「Unlimited Love」

邦楽アルバムは勢いを加速させているSnow Manが2021年に続き、アルバム『Snow Labo. S2』で年間チャート1位を獲得。
邦楽シングルでは第73回NHK紅白歌合戦への初出場も決定したJO1の『MIDNIGHT SUN』がトップ。新しい風を感じる1年となりました。
また洋楽アルバムは、Red Hot Chili Peppersが『Unlimited Love』で1位でした。彼らは『Return Of The Dream Canteen』も6位に送り込み活躍した1年でした。

「TOWER RECORDS MUSIC」の再生ランキング、アーティストTOP10はBTSが、また再生楽曲TOP10ではAimer『残響散歌』が1位を獲得しました。

BTS (P)&(C)BIGHIT MUSICBTS (P)&(C)BIGHIT MUSIC

Aimer「残響散歌」Aimer「残響散歌」

タワーレコードの年間チャート詳細については、タワーレコードオンライン内の特設ページにてご覧いただけます。

タワーレコード「2022 ベストセラーズ」URL https://tower.jp/site/bestseller/2022/top

◇タワーレコード「2022 ベストセラーズ」邦楽アルバムTOP20

Snow Man「Snow Labo. S2」Snow Man「Snow Labo. S2」

アルバム部門では、勢いを加速させているSnow Manが2021年に続き、アルバム『Snow Labo. S2』で1位を記録。また、なにわ男子、SixTONES、King & Prince、ジャニーズWESTといったジャニーズ勢が上位5位までにチャートイン。そして、山下達郎、松任谷由実、Mr.Childrenといった、幅広い世代から支持されているアーティストもTOP20入りを果たしました。

1 Snow Man Snow Labo. S2
2 なにわ男子 1st Love
3 SixTONES CITY
4 King & Prince Made in
5 ジャニーズWEST Mixed Juice
6 JO1 KIZUNA
7 Hey! Say! JUMP FILMUSIC!
8 山下達郎 SOFTLY
9 Ado ウタの歌 ONE PIECE FILM RED
10 松任谷由実 ユーミン万歳!~松任谷由実50周年記念ベストアルバム~

※11位~20位は添付PDFまたはベストセラーズのWEBページ(https://tower.jp/site/bestseller/2022/top)をご参照ください。

◇タワーレコード「2022 ベストセラーズ」邦楽シングルTOP20

JO1「MIDNIGHT SUN」JO1「MIDNIGHT SUN」

シングル部門では、第73回NHK紅白歌合戦への初出場も決定したJO1の『MIDNIGHT SUN』、昨年メジャーデビューを果たしたINIの『I』といった『PRODUCE101 JAPAN』発のグループが1位と2位を獲得!TOP20には、アルバム作品同様、Snow Man、なにわ男子、SixTONES、King & Princeといったジャニーズ勢がチャートの半数以上を占める結果に。

1 JO1 MIDNIGHT SUN
2 INI I
3 Snow Man ブラザービート
4 Snow Man オレンジkiss
5 INI M
6 SixTONES わたし
7 なにわ男子 The Answer / サチアレ
8 SixTONES 共鳴
9 SixTONES Good Luck!/ふたり
10 King & Prince ツキヨミ / 彩り

※11位~20位は添付PDFまたはベストセラーズのWEBページ(https://tower.jp/site/bestseller/2022/top)をご参照ください。

◇タワーレコード「2022ベストセラーズ」洋楽アルバムTOP20

Red Hot Chili Peppers「Unlimited Love」Red Hot Chili Peppers「Unlimited Love」

Red Hot Chili PeppersRed Hot Chili Peppers

2022年は2枚のアルバムをリリースし来日公演も決定しているRed Hot Chili Peppersが1位と6位を獲得!世代問わず絶賛された映画「トップガン マーヴェリック」のサウンドトラック、ビートルズの『リボルバー』新装版も上位に。初来日で異例の大反響を呼び、来年1月には新作もリリースするManeskinもチャートインしており、次作では更なる飛躍が期待できます。また、Ozzy Osbourne、Def Leppard、Megadeth、Slipknot、Arch Enemyなど、HR/HM勢の活躍も印象に残った1年でした。

 

1 Red Hot Chili Peppers Unlimited Love
2 OST Top Gun: Maverick
(トップガン マーヴェリック)
3 The Beatles Revolver
4 Bruno Mars/Anderson .Paak/Silk Sonic An Evening With Silk Sonic
5 Avril Lavigne Love Sux
6 Red Hot Chili Peppers Return Of The Dream Canteen
7 Taylor Swift Midnights
8 Ozzy Osbourne Patient Number 9
9 Def Leppard Diamond Star Halos
10 The 1975 Being Funny In A Foreign Language

※11位~20位は添付PDFまたはベストセラーズのWEBページ(https://tower.jp/site/bestseller/2022/top)をご参照ください。

◇TOWER RECORDS MUSIC(定額制音楽配信)2022年 楽曲TOP10

Aimer「残響散歌」Aimer「残響散歌」

1位は2021年末から2022年にかけて放送され大きな話題を集めた『テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編』オープニングテーマ、Aimer「残響散歌」。優里、YOASOBI、Official髭男dismといった特にサブスクでも人気が高いアーティストたちの楽曲も多くチャートインしました。

 

1 Aimer 残響散歌
2 優里 ベテルギウス
3 優里 ドライフラワー
4 YOASOBI 夜に駆ける
5 Official髭男dism ミックスナッツ
6 Ado 新時代 [ウタ from ONE PIECE FILM RED]
7 Official髭男dism Cry Baby
8 King Gnu 一途
9 SEKAI NO OWARI Habit
10 YOASOBI 群青

◇TOWER RECORDS MUSIC(定額制音楽配信)2022年 アーティストTOP10

BTS (P)&(C)BIGHIT MUSICBTS (P)&(C)BIGHIT MUSIC

アーティスト再生年間1位は「Dynamite」「Butter」など数々のヒット曲をもつ今年一時活動休止を発表したグローバルスーパースターBTS。2位には映画「ONE PIECE FILM RED」関連曲が大ヒットしたAdoがチャートインしました。
アーティスト

 

1 BTS
2 Ado
3 YOASOBI
4 Official髭男dism
5 優里
6 米津玄師
7 back number
8 King Gnu
9 あいみょん
10 B'z

 

※全19カテゴリーのチャートは下記URLにてご覧いただけます。

タワーレコード「2022ベストセラーズ」URL:https://tower.jp/site/bestseller/2022/top

音楽・映像11カテゴリー:「邦楽アルバム」「邦楽シングル」「邦楽映像」「洋楽アルバム」「K-POPシングル」「K-POPアルバム」「JAZZ」「映像(邦画/国内ドラマ)」「映像(洋画)」「アニメ」「クラシック」

TOWER BOOKS6カテゴリー:「書籍総合」「音楽本」「雑誌・ムック」「写真集」「コミック」「一般書籍・趣味・教養」

※集計期間:2022年 1 月 1 日~ 11 月 13 日
※邦楽アルバム、 邦楽シングル 、洋楽アルバムは、メジャー、インディーズを併せた全作品の集計となります。

TOWER RECORDS MUSIC 2カテゴリー:「楽曲TOP10」「アーティストTOP10」

※集計期間:2022年 1 月 1 日~ 10 月 31 日

関連記事

2022.12.01

blank