ロウン(SF9)の俳優としての活躍を振り返ってみる

韓国ボーイズグループ「SF9」ロウンの俳優としての活躍を簡単に振り返ってみた!
2016年にFNCエンターテインメントから「SF9」のメンバーとしてデビューしたロウン。彼の本格的な俳優活動は、2017年に放送された「恋するレモネード」が始まりである。「恋するレモネード」は“学校シリーズ”と呼ばれる人気作で、シリーズの7作目として制作された。当時彼は俳優活動を始めたばかりで、そこまで大きな役ではなかった。

だが、翌年2018年に放送されたドラマ「アバウトタイム~止めたい時間~」、ドラマ「輝く星のターミナル」では、それぞれ主演である女優イ・ソンギョンの弟役、主演チェ・スビンに片思いをする同期役と、主要キャストとして出演し話題となった。
その結果、その年の『SBS演技大賞』で「新人俳優賞」にノミネートされ、ドラマ3作目の出演にして彼の演技が評価されたことが分かる。
そして、2019年には初の主演ドラマ「偶然見つけたハル」が放送される。心臓病を抱えるダノが、ある出来事から自分がマンガの登場人物だということを知ってしまう。そして程なくして、同じくマンガのエキストラ13番の男子生徒と出会う。自身が心臓病で他界するエキストラだったことに憤怒したダノは、男子生徒にハルと名付け、運命を変えようとしていく、ファンタジーな学園ドラマ、そしてラブストーリーとして楽しめる作品だ。
ロウンはこの作品で、エキストラであった自分の人生がダノに名前を付けてもらうことで輝いていき、やがてダノを好きになっていく、エキストラ13番のハル役を演じた。


韓国ではジャンルやストーリーの新鮮さと、当時ドラマ「SKYキャッスル」で名を広めたキム・へユン、ドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出」や「恋愛ワードを入力してください〜Search WWW〜」で振り幅のある役を見事に演じきった新人俳優イ・ジェウクが、ロウンと共に主演を務めたことも話題となった。また、ドラマの人気から題名を略した「オハル」の愛称で視聴者から親しまれた。
そうして人気作となった結果、2019年の『MBC演技大賞』でイ・ジェウクと共に「新人俳優賞」を受賞した。さらに、キム・へユンが「水木ドラマ部門優秀女優賞」「新人女優賞」、作品は「今年のドラマ賞」を受賞した。また、2020年に開催された『ソウルドラマアワード』では「ドラマ賞」を受賞するなど、その年の授賞式では作品・俳優らの演技が共に評価されたと言えるだろう。

(2ページに続く)

2022.11.27

blank