「取材レポ」女優パク・ウンビン 初のファンミーティングを盛況裏に終了! 日本のファンからの熱い愛に涙

ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」や「恋慕」で人気のパク・ウンビンが、11月19日東京・府中の森芸術劇場どりーむホールにて、日本での初ファンミーティング『2022 PARK EUN-BIN Asia Fan Meeting Tour EUN-BIN NOTE:BINKAN In Tokyo』を開催した。パク・ウンビンの素がわかるトークやゲーム、日本のファンミーティングだけに用意した日本語の歌を披露するなど、ファンとの楽しい時間を過ごした。本記事では、夜公演をリポートする。

日本でのファンミーティングは初めてということもあり、会場のエントランスはファンが準備したスタンドバルーンやお花などで華やかに装飾。開演前から期待とお祝いムード一色となっていた。
開演時間を過ぎ場内が暗転するとが、あたたかい拍手が沸き起こる。オープニング映像が流れ、軽快なサウンドが会場に響くと、「日本のみなさん、こんばんは!」と、パク・ウンビンが走って登場。花柄のフリルのスカートをなびかせ、JOY(Red Velvet)の「Hello」を歌いながら、ステージの端から端まで移動してファンに「アンニョン(こんばんは)」とあいさつ。明るい笑顔の彼女がステージに登場するだけで、会場は花がぱっと咲いたように明るくなり、あたたかい雰囲気に包まれた。
歌い終わると日本語で「こんばんは、日本のみなさん、パク・ウンビンです。お会いできて本当にうれしいです。とても会いたかったですよ!」と元気よくあいさつ。
走って登場したことについて聞かれた彼女は、「(歌の出だしの)タイミングを合わせるには走らないとなんです」と話し、選曲理由について「『アンニョン』という言葉は『こんにちは、こんばんは』という意味で、みなさんにあいさつをしたくてこの曲にしました」と、走ってまでもこの曲を歌いたい理由を明かした。

今回の日本ファンミーティングは、もともと夜公演のみだったが、ファンの熱い想いに応え追加公演が決定。これについて彼女は「日本のみなさんのおかげです。ほんまに、おおきに」と、関西弁を交ぜながら伝え、関西から来ているファンにもアピール。そして、パク・ウンビンの「いきましょかー!(日本語)」という掛け声でファンミーティングが本格的にスタートした。

ソファに座った彼女は、膝にポンとウサギのぬいぐるみを置いてトークコーナーへ向けて準備中。衣装が短いスカートだったため、膝置き用のブランケットが用意されていたが、暑いという理由で急遽ウサギを代用したという。そのかわいさに会場からはため息混じりの声が聞こえてきた。
オープニングから日本語を入れながら話すことが多かった彼女。日本語ができる理由を聞かれると、「昼公演より流暢になっていますよね。高校生のときちょっと勉強しましたが、いま全部忘れてしまいました。(日本語)でも、少し、覚えているよ」と回答。抑揚のあまりない独特な日本語が「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」のウ・ヨンウのようにも思え、ドラマファンの心をくすぐるツボにもなっていた。

最初のコーナーは、「今日仕上げるプロフィール」と題して、人間パク・ウンビンに迫っていくというもの。プロフィールの「身長」という欄に「2mより少し低い」という回答があったため、司会者に突っ込まれると、「いまの身長よりもう少し高かったたら世の中が変わって見えたのではと思いますし、逆に5cmくらい低ければもっと可愛いく見えたのではないかと思っています」と答え、ユニークな一面も。「今日の気分を一言で表現すると?」という質問には、「きょうはめっちゃ幸せです。みなさんのおかげです」と日本語で答え、とびっきりの笑顔を見せた。
「ウンビンはファンのことが気になる」というコーナーでは、ファンがどうして自分を知るようになったのかを知りたいという彼女の要望に応え、事前にファンにアンケートをとり、その回答が公開された。コロナ感染を機に「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」を観てハマったファンや10年以上前の作品から注目しているファンなど、最近の作品以外にも注目してくれていることに驚きながら、「いい感じー」、「お大事に(コロナ感染したファンに対して)」など、日本語で的確に相づちを入れ、その様子にファンも笑顔に。続いて、ファンからの質問の時間コーナーでは、「ウンビンちゃんに会いたくなったらどうすればいいですか?」という質問に「またすぐに日本に来られるようにします」と再会を約束。「俳優の仕事をしながら幸せを感じる瞬間は?」という質問には、「ありがいと思っていることですが、好きなことをしながら、こうしてたくさんの方々に愛されるということが心を満たしてくれます。とても幸せです。全部みなさんのおかげです」と感謝の気持ちを伝えた。

トークの時間が終わると、ファン参加型のマルバツゲーム「わかりそうでわからないウンビン」がスタート。パク・ウンビンが質問の答えを2択から選び、その答えと一致したファンが残っていき、最終的に残った3人にプレゼントが贈られるというもの。質問は「ロマンスかコメディどちらが好きか?」、「小説か漫画どちらが好きか?」、「バンジージャンプかスカイダイビングどちらに挑戦するか?」など。パク・ウンビンが両方好きだったり、両方とも苦手だったりする質問もあり、その時の気分で選ばなければならないものも多く、ファンは運に任せるか彼女とテレパシーで通じ合わない限り一致しないような難題ばかり。ビジョンに出ている2択を見るために後ろを向いた彼女は、ファンがマルかバツかを出し終えると、「いち、に、さん」と言って、くるっと回って手でマルバツを表現。スカートをひらひらさせて回って答える姿や真剣になって悩む姿、脱落者が多かったときの慌てる姿など、彼女の言動すべてが愛らしく、会場は笑顔と幸福感で満たされていた。
最終的に残った3名には、エコバッグに絵を描いてプレゼント。絵に自信があるかどうか聞かれた彼女は「いいえ」と答えながらも、ウサギやクジラ、猫をサラサラと描いていき、ハート、音符、サイン、「be happy」といったメッセージを書き足してアートの才能を披露。手元を映すカメラをのぞき込んだときは、「うーにゃ、ウサギが好きー」と「SPYxFAMILY」のアーニャのようにキュートな笑顔を見せたり、ファンからのリクエストで初めて描くことになった猫は「なんで…これは」と日本語でつぶやきながら描いたりと、ここでも愛らしい言動を炸裂。ブリッジ映像に入る前の「また会いましょう~」と言って小走りで去る場面でもファンを胸キュンさせていた。

ブリッジ映像を挟んでからは、ミント色のニットに立体花をあしらったトップスとオレンジのシフォンスカートというガーリーな姿で再登場。ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」OSTで自身が歌った曲「済州島の青い夜」を披露してくれた。ファンはペンライトをゆらゆらと揺らしながら、彼女の透き通った優しい歌声に聴き入っていた。
イベントの後半は、女優パク・パク・ウンビンの魅力に迫るコーナーへ。芸歴27年について聞かれた彼女は「作品に参加すると1年はあっという間に過ぎてしまいます。そうやって毎年、一生懸命生きようと思っていたらいつの間にか27年になり、今日のような日が訪れました。ずっと根気よくやってきたことがいまの私を作ってくれたと思うと胸がいっぱいになります。そして、それは私だけでなし得たことではなく、作品を楽しんで観てくださっている方々が一緒に歩んできていると思うととても感動しています。(日本語で)おかげです」と感慨深く語った。
(2ページに続く)

2022.12.02

blank