「ITZY」、J.Y.Parkも称賛…新譜「CHESHIRE」で違った変身へ


「長く記憶に残るアーティストになりたい。

すべての瞬間で最善を尽くしたいし、最善の音楽とステージを見せたい」

新曲「CHESHIRE」でカムバックするグループ「ITZY」が、ファンたちと大衆に長い時間愛されるアーティストになりたいという抱負を伝えた。

「ITZY」イェジは25日、ソウルの汝矣島で行われた6枚目のミニアルバム「Cheshire」発売記念ショーケースで、「多くのファンたちの愛と応援のおかげで、7月に発売した『CHECKMATE』がビルボード200で8位という言い成績を得られた」とし、「ファンたちにも感謝する気持ちで(新しいアルバムも)懸命に準備した」と話した。続けて「成長はいい方向に向かっているという意味を持っているようだ。いつもいい姿を見せる『ITZY』になる」と覚悟を伝えた。

新譜「Cheshire」を通じて違った変身を予告した「ITZY」は、幻想的な魅力を見せたいと明らかにした。リアは「『Cheshire』は初めて聞いた時から雰囲気が違った。これまで活動してきた曲たちとはエナジティックな感じだったが、『Cheshire』は幻想的な魅力がある」と話した。

また、所属事務所の先輩アーティストであり代表でもあるJ.Y.Park(パク・ジニョン)の反応も伝えた。リュジンは、「パク・ジニョンプロデューサーが私たちの放送にゲストで出演してくれたことがあるが、『Cheshire』が一番好きなアルバムだと話してくれた」とし、「当時『Sneakers』も公開されていない時点で、メンバーたちがみんな驚いた記憶がある。プロデューサーが歌がとてもいいと応援をたくさんしてくれる」と話して注目を集めた。

「ITZY」は来る30日午後6時に6枚目のミニアルバム「Cheshire」を発売する。このアルバムには同名のタイトル曲「Cheshire」から「Snowy」、「Freaky」、先月21日に発表した先行公開された英語のシングル「Boys Like You」まで収録されている。

タイトル曲「Cheshire」は、「不思議の国のアリス」に登場する猫Cheshireのあやふやなキャラクターを借用し、違った魅力を見せる曲だ。頭ではない感覚を信じ、歩いてみようという自信を高めるメッセージを込めた。スタイリッシュで中毒性の強いサウンドが印象的だ。

WOW!Korea提供

2022.11.26

blank