「Red Velvet」&「ITZY」、一味違った魅力を引っさげカムバックへ


冬の歌謡界を華やかに彩るガールズグループが一味違った音楽とパフォーマンスを引っさげて帰ってくる。

「Red Velvet」は28日、ニューミニアルバム「The ReVe Festival 2022 - Birthday」でカムバックする。今作は、「Red Velvet」がことし新たに始動したシリーズ「The ReVe Festival 2022」の2枚目となるアルバム。タイトル曲「Birthday」をはじめ、「BYE BYE」「On A Ride」「ZOOM」「Celebrate」の計5曲が収録される。

タイトル曲「Birthday」は、リズミカルなドラムとクールなシンセサウンドが調和したトラップリズムベースのポップダンス曲だ。所属事務所SMエンタテインメントは、「『Red Velvet』は今春バッハの「G線上のアリア」をサンプリングした「Feel My Rhythm」でグローバル音楽ファンを魅了しただけに、“信じて聞ける”『Red Velvet』とクラシック音楽の幻想的な出会いが再び実現した今回の新曲も熱い反響を得るだろう」と期待感を見せた。

「ITZY」は30日、6thミニアルバム「CHESHIRE」でカムバックする。今作には同名タイトル曲「Cheshire」から「Snowy」「Freaky」、先月21日に発表した先行公開英語シングル「Boys Like You」まで収録される。

タイトル曲「Cheshire」は、「ふしぎの国のアリス」に登場する猫「チェシャ」の不思議なキャラクターを借用し、一味違った魅力を届ける曲。頭ではない感覚を信じ、歩いてみようという自信を高めるメッセージを込めたこの曲は、スタイリッシュで中毒性の強いサウンドが印象的だ。所属事務所JYPエンターテインメントは「『Cheshire』は一部公開された神秘的なメロディーと歌詞『Why so serious?』の一行だけで、曲への好奇心と期待を高める」とし、「不思議なキャラクターを借用しただけに、一味違う魅力を届ける」と期待感を伝えた。

WOW!Korea提供

2022.11.27

blank