「イカゲーム」の”おじいさん”こと俳優オ・ヨンス、強制わいせつの疑いで起訴…「不適切な身体接触」か


「イカゲーム」の”おじいさん”こと俳優オ・ヨンス(78)が、強制わいせつの疑いで起訴された。

25日、韓国メディア「JTBC」は、Netflix「イカゲーム」に出演した俳優オ・ヨンスが2017年、女性Aさんに対して不適切な身体接触をした疑いを受けていると報道。

この報道によると、警察は昨年末、女性Aさんから告訴状の提出を受け、オ・ヨンスに対しては「送致なし」の決定を下したが、その後Aさんは異議申請をしたという。これに、スウォン(水原)地検がオ・ヨンスに関して再び捜査し、昨年末に本人を呼んで聴取したことがわかった。

同件について、オ・ヨンスは「湖畔をまわっていた際、道案内で手をつかんだだけ」とし、「Aさんに謝罪して(Aさん側は)問題にしないと言っていたことであり、容疑を認めたことはない」と明かした。

しかし検察は、Aさんに対する不適切な身体接触があり、証拠を確保したとしてオ・ヨンスを裁判に移した。

一方、1944年生まれの俳優オ・ヨンスは、Netflix「イカゲーム」にオ・イルナム役で出演。”カンブ(相棒)おじいさん”という愛称で呼ばれ、世界的に人気を博した。また、韓国俳優で初めて「ゴールデン・グローブ賞」の演技賞を受賞した。

WOW!Korea提供

2022.11.25

blank