「ジェントルマン」俳優チュ・ジフン、興信所の社長に…図々しいカッコよさからカリスマまで!

俳優チュ・ジフンが、新作韓国映画「ジェントルマン」で検事に成りすました興信所の社長に生まれ変わる。

「ジェントルマン」は、成功率100%の興信所の社長チ・ヒョンスが、行方不明になった依頼人を探すために検事になりすまし、不法、合法も関係なく悪い奴らを追う犯罪娯楽映画だ。

チュ・ジフンが劇中、依頼を受けた事件は100%処理する興信所の社長チ・ヒョンスに扮した。 チ・ヒョンスは、失った子犬を探してほしいという依頼人と共に向かったあるペンションで怪漢の襲撃を受けて倒れた後、突然依頼人を拉致した容疑者になってしまう。

チュ・ジフンは拉致事件の濡れ衣を晴らすために検事になりすまし、失踪した依頼人を探し始めるチ・ヒョンスという人物を生々しく表現し、作品への没入度を引き上げる。 特に、事件を暴くほど明らかになる醜悪な犯罪と何でもする悪い奴らを愉快、痛快に懲らしめる姿で観客に代理満足と爽快なカタルシスを抱かせる予定だ。

キム・ギョンウォン監督は「シナリオを執筆する時からチュ・ジフンのことを考えていた」と話した。

チュ・ジフンが図々しくカリスマのあるキャラクターをオーダーメイド服を着たように完璧に演じきった「ジェントルマン」は、韓国で12月28日に公開される予定だ。

2022.11.25

blank