俳優ヨ・ジング、9歳の時から共にしたマネージャーと初の観察バラエティ「全知的おせっかい視点」


俳優ヨ・ジングが16年共にしたマネージャーと初の観察バラエティに出演し、笑いがあふれる姿を見せた。

19日に放送されたMBCバラエティ番組「全知的おせっかい視点」ではヨ・ジングが共にして16年になるマネージャーとの日常が電波に乗った。

この日、カメラを意識して入ってきたマネージャーに対しヨ・ジングは「兄さん、そんなことするなって」と言って笑いを爆発させた。続いてマネージャーは「『ゲームの女王』が終わってから会ったので、9歳から今まで16年くらいになる。18歳ほど年の差があるが、初めて会った時は先生(相手の男性に敬意を払って呼ぶ時に使う)と呼んでいたが、今は兄さんと呼んでいる。 最初にジングに初めて会った時、すごく大きな目を輝かせていた。なんだか成功する子だろうと思った」とヨ・ジングとの縁を説明した。

マネージャーは「ジング俳優が出演した映画『リメンバー・ミー』の制作報告会があります」としてスケジュールを説明した。 スケジュールを確認したヨ・ジングは「今日も容易ではなさそうだ」と話し、マネージャーは「久しぶりに制作報告会をするからこれを準備した」としてプリントを渡した。 ヨ·ジングは「緊張すると冷や汗もたくさん出る。いまだにそうだ。(その時の)私の姿をお見せするのは難しいと思う」と明かした。

制作報告会が終わるとヨ・ジングが直接予約したレストランに「リメンバー・ミー」の出演俳優チョ・イヒョン、キム・ヘユン、ナ・イヌと一緒に行った。 ナ・イヌは「気になることがあるんだけど、君のマネージャーさんは長くやっているの?」と尋ね、ヨ・ジングは「16年?家族のような感じで楽だ。今日も兄さんが敬語を使うのは初めて聞いた」と話して笑いを誘った。

マネージャーはヨ・ジングに感謝する点として「いつも感謝している。今まで来てくれたのもありがたいし、子供が生まれた時も共にしてくれて、父親が亡くなった時はすべてのスケジュールを取り消して一緒にいてくれた。本当にありがたい」と話した。 続いてヨ・ジングは「演技が好きだし、楽しいことだったが、ある時点で自分の名前に責任感も生まれて、その時に適応するのが容易ではなかった。私がつらくて、少し休んでからしようかと思ったが、兄さんがそばで私のことをたくさん導いてくれた。人間ヨ・ジングとして兄さんにとても感謝している」と話した。

WOW!Korea提供

2022.11.20

blank