「バラコラ」俳優ヨ・ジング、「全知的おせっかい視点」で観察バラエティ初出演!生歌披露に子役時代のかわいい映像も大放出!

俳優ヨ・ジングが11月19日(土)に放送された人気観察バラエティ「全知的おせっかい視点」(MBC)に出演した。

その週の16日(水)に公開が始まった映画「リメンバー・ミー(原題:同感)」の宣伝のためだ。

そのため、この番組では自宅や行きつけの場所などオフのプライベートな空間を公開する人もいるが、ヨ・ジングは同映画の制作発表会が行われた一日を公開。美容院でメイクをするところから、移動して制作発表会を行い、最後は共演者のチョ・イヒョン、キム・ヘユン、ナ・イヌと食事をするところまでが密着され、ある意味映画のメイキングのような感じではあったが、子役時代から16年を共にしてきたマネジャーとのほっこりした関係が垣間見られた。

ヨ・ジングは、旅行バラエティに出演したことはあるけれど(おそらく「車輪のついた家」のこと)、このような観察バラエティに出演するのは初めてだとし、車や美容院にまでカメラが何台も設置され、密着されるのは新鮮だと言っていたが、いろいろな番組がある中で、映画の宣伝にマネジャーと出演する「全知的おせっかい視点」を選び、さらに好感度がアップした気がする。それぐらい魅力的だったということだ。

ヨ・ジングの密着VTRは、美容院で大笑いしている姿から始まった。普段からよく笑う方だそうで、ヨ・ジングの周りは常に笑顔があふれていた。そして、何よりも18歳の年の差があるヨ・ジングとマネジャーだが、ヨ・ジングがフィルムカメラやレコードが好きなどアナログな感性の持ち主なので話が合うし、出会った頃はマネジャーを「先生」と呼んでいたのが今では「ヒョン(お兄さん)」と呼び、仲睦まじい関係に。

そんなヨ・ジングをマネジャーは「兄弟のようでありながらも人生のパートナー」と表現し、「自分の力でキャラクターを作っていく姿を見ながら、若いけれど大きくなったなと思う」とヨ・ジングの成長を温かく見守り、ヨ・ジングもまた自分がスランプに陥ったとき、そばで支えてくれたとマネジャーに感謝した。

(2ページに続く)

2022.11.24

blank