「CNBLUE」ジョン・ヨンファ、俳優チャ・テヒョンと脳科学ドラマで共演…初回台本読み現場


「CNBLUE」のジョン・ヨンファが、俳優チャ・テヒョンと脳科学ドラマ「頭脳共助」で共演する。

2023年1月からスタートするKBS 第2TVの新月火ドラマ「頭脳共助」(脚本:パク・ギョンソン、演出:イ・ジンソ&ク・ソンジュン、制作:SAMHWA NETWORKS)は、お互いにいがみあい反抗し合う2人の男が、希少な脳疾患に絡む犯罪事件を解決する、本格脳科学コミック捜査劇だ。“かなり特別な脳”を持つ脳神経科学者のシン・ハルが、“騙されやすい脳”を持つ刑事クム・ミョンセと反転を含む興味深い脳疾患の事件で共助していきながら、ファンタスティックなドタバタケミストリーと新鮮な笑い、共感メッセージを伝える。

これと関連し、ドラマの出演俳優と制作陣が初めて一堂に会し、“熱いポテンシャル”を見せた“初の台本リーディング”現場が公開された。イ・ジンソ監督のウィットなあいさつの言葉に続き、俳優たちのガッツあふれる覚悟や挨拶が続いて、温かい雰囲気になった後、本格的な台本リーディングが始まった。俳優たちは、それぞれ演じるキャラクターに瞬く間に没入し、実際の撮影を彷彿させる演技を繰り広げたり、初共演であるにもかかわらず、息の合った呼吸を見せ、現場を熱気でいっぱいにした。

まずジョン・ヨンファは、完璧な外見にハッキリとした物言い、“とても特別な脳”を持つ脳神経科学者のシン・ハル役を務め、冷徹でカリスマある演技を披露した。彼は、鋭い目つきと適切に強弱を調節するセリフトーンで、強烈な印象を残した。またチャ・テヒョンは、とても優しくて他人を気遣える“騙されやすい脳”を持つ刑事クム・ミョンセ役に完壁に扮(ふん)し、コミカルながらも人間味あふれる姿で立体感を吹き込んだ。チャ・テヒョンは、自然な生活演技やとっさのアドリブを自由自在に駆使して、その場を爆笑させ、劇の活力を倍にした。

ほか女優クァク・ソニョン、イェ・ジウォンら出演俳優たちも、それぞれ多彩なキャラクターの魅力を上手く表現して、適材適所で活気を吹き入れた。

豪快な笑いやシリアスなど、最初の出会いから強大なチームワークを形成した“頭脳共助軍団”が、視聴者にどのような笑いと感動をプレゼントするか、すでに関心が集中している。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.11.16

blank