俳優カン・ハヌル、新ドラマ「カーテンコール」…“ハ・ジウォンとの撮影が毎回待ち遠しい”


俳優カン・ハヌルとハ・ジウォンがお互いの演技呼吸に大満足し、劇中の活躍ぶりに対する期待感を高めた。

10月31日に初放送されるKBS2TVの新月火ドラマ「カーテンコール」(演出ユン・サンホ、脚本チョ・ソンゴル)は、不治の病を患う老婆チャ・グムスン(コ・ドゥシム)の願いを叶えるため、前代未聞の特命を受けた一人の男の地上最大の詐欺劇にまつわる人々の話を盛り込んだストーリーだ。

カン・ハヌルは劇中、演劇俳優ユ・ジェホン役で老婆の願いを叶える孫を熱演する。ハ・ジウォンはグムスンが建てた楽園ホテルを最後まで守りたいホテル総支配人パク・セヨン役に変身する。 カン・ハヌルとハ・ジウォンは老婆を繋がりにして運命的な出会いを始めることになる。

カン・ハヌルは「本当にいつもすべての撮影が楽しい。 ハ・ジウォン先輩がよく笑ってくれて相手を気楽にさせてくれる眼差しをお持ちなので毎回撮影が待ち遠しい」として格別な呼吸を誇示し、「回数を重ねるほど特殊な状況がたくさん繰り広げられる予定で、これを一緒に解決する過程で多様なサスペンスと反転劇があるので期待してほしい」と話した。

ハ・ジウォンも「本当に優しくて何に対しても本当に熱心な俳優だ。 心が本当に美しく、何よりも演技に対する情熱がすごい。 演技呼吸もとてもよく合って楽しく撮影中なので期待していただいて良いと思う」と伝えた。 カン・ハヌルとハ・ジウォンは公開されたスチールでも目を合わせただけでも切ない感性に甘い雰囲気までロマンスのすべてを存分に見せ、予備視聴者の好奇心を刺激している。

特に、カン・ハヌルとハ・ジウォンがいずれも北朝鮮の方言演技に挑戦したという共通点もある。 カン・ハヌルは「カーテンコール」で北から来た孫役を消化するために北朝鮮の方言を使う。 先立って1次ティーザーでもカン・ハヌル印の北朝鮮方言が少し公開され注目を集めた経緯がある。 また、ハ・ジウォンもドラマ「キング~Two Hearts」で北朝鮮の方言を上手に消化した経験がある。

カン・ハヌルは「ハ・ジウォン先輩とは本当に楽しく笑いながら撮影していて、北朝鮮の方言について話を交わす暇がなかった。 亡命した先生から北朝鮮語が録音されたファイルを受け取ったが、そのまま表現するとやや硬く聞こえた。 視聴者の方々が気楽に聞けるように少しゆっくりと変えて演技したが、その感じをぎこちなく思わず受け取ってほしい」と明らかにした。

ドラマ「月が浮かぶ川」「風と雲と雨」「師任堂 (サイムダン)、色の日記 」などを演出したユン・サンホ監督と映画「ヒットマン」「青年警察」などを製作したチョ・ソンゴル作家が意気投合し、 カン・ハヌルとハ・ジウォンの甘い呼吸と完璧なビジュアルの組み合わせが加わり、“ケミストリーの人気店”としても口コミが広がっている。

カン・ハヌルとハ・ジウォンの幻想呼吸がキャラクターとして生き生きと描かれるKBS 2TVの新月火ドラマ「カーテンコール」は10月31日夜9時50分に初放送される。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.10.13

blank