【公式】“過呼吸まで発症”検察調査の席で実父から暴行受けたタレントのパク・スホン、予定通り日程に参加の意志…「変動なし」


タレントのパク・スホン(51)が実父から暴行被害に遭い病院に運ばれたが、予定されたスケジュールを消化する予定だ。

4日、MBNのバラエティ番組「トンチミ」側は情報サイトMydaily(マイデイリー)に「6日木曜日の『トンチミ』の収録は正常に参加することにした」とし、「制作スタッフはパク・スホン氏の健康を最優先に考慮し、日程を進行することにした。現在は支障なく参加することを望んでおり、収録は予定通りに行う」と明らかにした。

また、パク・スホンの健康状態について「絶対安静にせよという医師の勧めにより、パク・スホン氏が現在安静をとり回復中にある状況」と伝えた。

JTBCの情報バラエティ「アルチャ王」側もMydailyに「7日金曜日の番組収録に変動はない」と明らかにした。ただ、パク・スホンの健康状況により変わる可能性があると付け加えた。

これに先立ちパク・スホンは同日午前、ソウル西部地方検察庁で横領の疑いで拘束された実兄パク某氏との対面調査が予定されていた。SBS芸能ニュースによると、参考人として出席した実父は調査開始前にパク・スホンのすねを蹴飛ばし悪態をついた。これにパク・スホンは精神的な衝撃を受け、過呼吸で失神し病院の緊急救命室に移送された。

パク・スホンと実兄パク氏は金銭的な問題で法的攻防を繰り広げている。パク・スホンは実兄のパク氏がマネジメント法人を設立し、収益を一定比率で分配することを約束したが、これを履行しなかった疑い、巨額の番組出演料などを横領した疑いなどで告訴した。

WOW!Korea提供

2022.10.04

blank