ソ・イングク&チャン・ドンユンら主演の「オオカミ狩り」、”没入感倍増”間違いなしの3つの観覧ポイント…アドレナリン暴走注意!

#3スクリーンにはまるしかない! 本物のような船のセットで繰り広げられるリアルアクション

最後の「オオカミ狩り」の観覧ポイントは、何といってもリアリティーだ。 映画の演出を担当したキム・ホンソン監督が特にリアルな背景のために気を使った映画の船舶セットは、まるで観客が巨大な船舶の中に直接入っているような生々しさをそのまま伝える見通しだ。 実際に船2隻を活用したセットを実現しただけに、些細なディテール部分でも実際の船舶と同じように具現するために、リアリティの追及に努力を惜しまなかったという。

キャラクターたちのアクションもまた、飾ったり華麗なアクションというより、生存に向けた凄絶さがそのまま盛り込まれるようにリアルなアクションの呼吸を構成した。 キム・ホンソン監督は「オオカミ狩り」のアクションについて「本能的な生存ゲームをありのままに盛り込むために『ハイパーリアルアクション』を最大のコンセプトにして始めた」と伝えた。

このように徹底した事前準備を経て誕生した「オオカミ狩り」ならではのハイパーリアリティに観客は太平洋の真ん中で極限の生存ゲームの中に一瞬にして夢中になるだろう。 21日封切り予定。

WOW!Korea提供

2022.09.19

blank