チャン・グンソク、Coupang Play「犯罪の年代記」6日に撮影突入…「わくわくして緊張する瞬間」

俳優兼歌手のチャン・グンソクが4年ぶりに新しいドラマでカムバックする。
チャン・グンソクの所属事務所クラフト42ENTは6日「俳優チャン・グンソクがドラマ『犯罪の年代記』にキャスティングされ撮影に入った」と明らかにした。
「ボイス」「客 -ザ・ゲスト-」「ペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え」のキム・ホンソン監督が演出を手掛ける話題作「犯罪の年代記」は極悪非道な現在の事件を通じて、過去の未解決事件の真実を暴く犯罪スリラー。

チャン・グンソクは弁護士特別採用強力班刑事ク・ドハン役を演じる。適当に世俗的で適度に正義のキャラクターに扮し、シンクロ率100%の演技力を披露するものと期待される。
チャン・グンソクは8月31日、日本でニューシングル「Beautiful」を発売し、忙しい日々を送っており、さらに活発な活動を予告しながら、「この作品に会うまで4年半という時間を待った。 いつにも増してわくわくして緊張する瞬間」とし「人生の一線を画せるキャラクターを作るために最善を尽くす」と話した。


また、「もうすぐ秋夕(お盆)なので連休中に家族と一緒に温かい時間を過ごしてほしいし、ドラマ『犯罪の年代記』にも多くの関心をお願いする」と伝えた。
毎作品で強烈な存在感を表わし、キャラクターと完璧な童話を見せてくれたチャン・グンソクとキム・ホンソン監督がどのようなシナジー効果を作り出すのか、早くも大きな関心が集まっている。

2022.09.08

blank