チャン・グンソクが週刊朝日の表紙&カラーグラビアに登場! 「一人でも多くの人の心を照らしたい」 9月6日発売

今週の「週刊朝日」の表紙とカラーグラビアには、今年、4年半ぶりに来日したチャン・グンソクさんが登場。5歳のデビュー当時から休まず活動してきた彼の心の回復を助けてくれたもののひとつは、なんと兵役でした。他にも、支持率急落にあえぐ岸田政権の苦境、住民主体で高齢化マンションを生まれ変わらせる秘訣、妻の佳子さんのツイッターが大人気の赤井英和さん夫妻の対談、「ヤクルト1000だけじゃない!」快眠ビジネス最前線など、盛りだくさんのラインナップでお届けします。

元祖韓流スターのひとり、チャン・グンソクさんは今年デビュー30周年を迎えます。5年前までほぼ休まず働き、「ドSキャラ全開のときだって、家に帰るとうつうつとしていた」といいます。休まなければ自分が壊れるとまで思った彼の暮らしを回復させたのは兵役と充電期間でした。規則正しい生活に加え、「拍手をもらわなくても称えられなくても、頑張っているたくさんの人たちを美しいと思った」。そんな体験を反映した新曲が8月31日にリリースされた「Beautiful」。美に凜々しさが加わり新たな魅力が満載のカラーグラビアもお楽しみください。

その他の注目コンテンツは

  • 岸田首相“終末”への五重苦

「旧統一教会」「国葬」「防衛費」「物価高」「五輪スキャンダル」で早くもチェックメイト!?「旧統一教会は清和会(安倍派)の問題」と高をくくっていた岸田首相の誤算があらわになり、「リクルート事件と似てきた」の声も出てきました。安倍元首相の国葬も民意から離れつつあり、頼みの「国葬外交」もG7首脳陣はほぼ欠席で絵に描いた餅になりそう。臨時国会で岸田氏が問われるのは「聞く力」ではなく「説明する力」のはず。五里霧中の岸田政権の行方をとことん掘り下げます。

  • 高齢化マンション生まれ変わり術

「大規模修繕の時期なのに積立金が足りない」「お金の話になると住民の意見がまとまらない」……。古い分譲マンションにありがちなエピソードですが、知恵を絞って再生につなげている築46年の京都のマンションがあります。鍵を握るのは「マンション管理は会社経営」と考えること。管理会社任せから自主管理に切り替え、隣地を購入して建て替えに備えるなど、10年単位の計画を立てています。どんな物件もいつかは建て替えの議論がやってきます。成功させた住人たちに秘訣を聞きました。

  • 赤井英和×佳子爆笑対談

赤井英和さんの飾らない日常をつぶやいたツイッターの人気が沸騰しています。つぶやきの主は妻の佳子さん。何げなく始めたというツイッターは、いまでは41万超のフォロワーを誇ります。英和さんに「すごいオーラで一目惚れでした」という佳子さん。ピアノ1台とともに英和さんの実家に押しかけたという行動派の彼女に、英和さんの父が渡した衝撃のメモとは?夫婦円満の秘訣は「ごめんなさいを言うスピード」だという英和さんとの、漫才のような掛け合いをお楽しみください。

  • 快眠ビジネス最前線

睡眠の質を上げると話題の「ヤクルト1000」はいまも品薄でなかなか手に入りません。誰もがぐっすり眠りたいもの。けれども日本人の睡眠時間は平均7時間22分と、経済協力開発機構(OECD)加盟国では最短で、米国人より89分も短いとか。そんな日本人の睡眠不足を解消しようという“快眠ビジネス“が相次いで登場しています。ターミナル駅に登場した「睡眠カフェ」や昼寝専用の枕、サウナ浴でよく眠れる方法など、眠りを導く最新の商品やサービスを紹介します。

週刊朝日2022年9月16日号
発売日:2022年9月6日(火曜日)
定価:440円(本体400円+税10%)
https://www.amazon.co.jp/dp/B0B9W855V3

2022.09.06

blank