米MTV、「SEVENTEEN」に注目「作業の大半を直接プロデュースするグループ」


「2022 MTV Video Music Awards」(以下、「2022 MTV VMA」)受賞を狙う韓国ボーイズグループ「SEVENTEEN」が米国メディアから注目された。

23日(以下、現地時間)、米国の有名音楽専門放送であるMTV側は公式ホームページに、「To The Moon: Get To Know The 2022 VMA Best New Artist Nominees」というタイトルの記事を掲載し、「SEVENTEEN」に注目した。

MTVは「SEVENTEENは特に作詞、振り付け、公演など大部分の作業を直接プロデュースすることで有名だ。SEVENTEENが2015年に発売したデビューアルバム『17 CARAT』は当時、米国で最も長い間、チャートに入ったアルバムで、彼らは“パフォーマンスキング”、“K-POPパフォーマンス強者”と呼ばれる」と紹介した。

MTVはこれに加えて「また、SEVENTEENは2021年K-POPアーティストとして初めて『MTV PUSH』アーティストに選ばれた」と「SEVENTEEN」の成果に注目した後「彼らは自分たちの華麗な『履歴書』にもう一つの道しるべを追加することを希望するが、『最優秀新人アーティスト(Best New Artist)』受賞がまさにそれだろう」と言及した。

「SEVENTEEN」は「2022 MTV VMA」で「最優秀新人アーティスト(Best New Artist)」と「今年のPUSHパフォーマンス(PUSH Performance Of The Year)」「最優秀K-POP(Best K-Pop)」など計3部門にノミネートされた。特に「最優秀新人アーティスト(Best New Artist)」は主要受賞部門のうちの1つで、授賞式当日まで続く投票結果で受賞者が決定する。

「SEVENTEEN」が米国の音楽授賞式候補に挙がったのは今回が3回目で、今回「2022 MTV VMA」でデビュー以来最も多くの部門にノミネートされ、グローバルな人気をしっかりと立証した。

「2022 MTV VMA」は来る28日、米ニュージャージー州プルデンシャル・センターで開催され、MTVを通じて生中継される。

WOW!Korea提供

2022.08.25

blank