「SEVENTEEN」北米ツアー12都市公演、熱い歓声の中で終了


韓国ボーイズグループ「SEVENTEEN」が高い関心の中でアメリカ・カナダ12都市での公演を成功裏に収めた。

「SEVENTEEN」は去る8月10日(以下現地時間)のバンクーバーを皮切りに、12日シアトル、14日オークランド、17日ロサンゼルス、20日ヒューストン、23日フォートワース、25日シカゴ、28日ワシントンDC、30日アトランタ、9月1日ベルモントパーク、3日トロント、6日ニューアークでワールドツアー「BE THE SUN」北米ツアー公演を行った。

「SEVENTEEN」は「BE THE SUN」公演で、巨大な太陽に向かうような舞台演出で観客たちに熱気をそのまま伝えた。会場を埋め尽くしたファンたちは韓国語で一緒に歌って踊るなど、「SEVENTEEN」と「TEAM SVT」(チームセブンティーン)で一つになって公演を楽しんだ。

「SEVENTEEN」はパワフルなパフォーマンスと情熱的なエネルギーが込められた「HOT」、「March」、「HIT」、「Rock with you」、「MANSAE」などの団体ステージだけでなく、特色のあるユニットステージも披露し、名に恥じない「ステージ職人」の姿を立証した。

「SEVENTEEN」は、北米ツアーの最後の舞台であるニューアーク公演の終わりに「1か月間、北米ツアーをしながら良い思い出も多くて、とても楽しかった。CARAT(カラット:SEVENTEENのファン名)達にとっても良いエネルギーになってたらいいな。必ずまた戻ってくるから、その時までみんな元気で、幸せな日々を過ごしててほしい」と感想を伝え、ファンとの再会を約束した。

海外有数メディアも「SEVENTEEN」の北米ツアーに注目した。Elite Dailyは「今回のツアーで『SEVENTEEN』は舞台を掌握するだけでなく熱く燃やした。ステージ上の『SEVENTEEN」を見ていると巨大なSoFiスタジアムも小さく感じた」と絶賛し、ワシントンポストやTeen Vogueなども「SEVENTEEN」の華麗なライブ公演とパフォーマンスを好評した。

北米ツアーを成功裏に終えた「SEVENTEEN」は、9月24・25日ジャカルタ、10月1・2日バンコク、8・9日マニラ、13日シンガポールなどのアジア4都市で全7回公演を行った後、11月19・20日大阪、26・27日東京、12月3・4日愛知などで日本のドームツアーを行う予定だ。

WOW!Korea提供

2022.09.08

blank