キム・ジュンス、ミュージカル「ウエストサイドストーリー」で切ない愛を演じる

歌手キム・ジュンスが、ミュージカル「ウエストサイドストーリー」に出演する。
PALMTREE ISLANDは12日、公式SNSに「#トニー 役 │ #キム・ジュンス」という文と共に写真を掲載した。
写真には、「ウエストサイドストーリー」の主人公トニーに扮したジュンスの姿が写っている。劇の舞台である1950年代のアメリカを連想させる服装とヘアスタイルで切なそうな表情をしたジュンスの姿がミュージカルに対する期待をいっそう高めている。

これを見たネットユーザーは、「今度はどんなキャラクターを見せてくれるか、楽しみ」「20分間写真だけ見てる」「眼差しが、すごい」などの反応を見せた。
一方、主人公のトニー役を引き受けたジュンスは、「『ウエストサイドストーリー』は、古典の深さに現代的な感覚が加わった作品なので、新しい姿と魅力をお見せできるよと思う」として「特に、与えられた環境と運命に順応しないトニーの姿は青春そのもので、それが最大の魅力だと感じた」と語った。
ミュージカル「ウエストサイドストーリー」は、11月17日から来年2月26日までソウル市中区忠武(チュンム)アートセンター大劇場で公演される。

2022.08.12

blank