「インタビュー」「非常宣言」イム・シワン、「狂った目つき」…褒め言葉だと思う

俳優イム・シワンが「非常宣言」を見た観客が残した評価で最も印象的だった「狂った目つき」という言葉に、「褒め言葉だと思う。
ちゃんと照明が当たってないからじゃないか。よく見てくださったと思う」と伝えた。
8日、映画「非常宣言」でテロ犯ジンソクを演じたイム・シワンと映像インタビューで会った。「観相師ーかんそうしー」、「ザ・キング」のハン・ジェリム監督の5年ぶりの新作「非常宣言」は、史上初の航空テロで無条件着陸を宣言した飛行機と、災害に立ち向かう人々の話だ。カンヌ国際映画祭ワールドプレミアで初公開され、早くも熱い関心を得た。韓国では公開5日で139万観客を突破して上映中だ。

イム・シワンは飛行機でテロを繰り広げるジンソクに扮し、印象的な演技変身を見せた。ジンソクが飛行機に搭乗した後、原因不明の死者が発生し、搭乗客は混乱と恐怖に包まれる。イム・シワンは涼しげな顔とぞっとする雰囲気で張りつめた緊張感を吹き込んだ。
「背景が無かった」とジンソクを紹介したイム・シワンは「いつも演技をする時、その人ならどうするか、を探す。人物背景が薄いほど演技が難しい。しかしジンソクはそんな背景が何ひとつなかった。だから思う存分、表現する自由さが生まれた」と話した。「ジンソクがどんな痛みによって間違った価値観を持つようになったのか、自分なりに作ってみた」と付け加えた。

「非常宣言」にはソン・ガンホからイ・ビョンホン、チョン・ドヨンまで韓国を代表する俳優が総出動する。イム・シワンは「とても光栄だった。わが国を代表する俳優なだけではなく、世界中から認められる物凄い先輩と一緒にやるというのはものすごい経験だった。きっと俳優なら誰もが思い描くようなチャンスじゃないだろうか。とてつもないチャンスを得て、すごいと思っている」と戸惑った。
また「現実とはかけ離れた夢のようだ。実際、全ての先輩と演技を合わせることができたらよかったのだけど、それができなくて残念だ」と伝えた。

(2ページに続く)

関連記事

2022.08.08

blank