「バラコラ」「道袍の裾なびかせながら」キム・ジョングク合流で視聴率微増!RM(BTS)の作業部屋にあったアイテムをカルチャーショップで販売!


MBCの日曜新バラエティ「道袍の裾なびかせながら」が放送3話目にして、視聴率が上向いてきた。

初回は3.4%、第2話は3.0%と下がったが、7月24日(日)放送の第3話では3.8%(ニールセンコリア調べ、全国基準)を記録。同時間帯に放送されているKBS第2の「1泊2日シーズン4」(9.0%)にはかなわないが、SBSの「イ・スンギのチプサブイルチェ~師匠に弟子入り」(3.4%)には僅差で上回り、地上波の同時間帯2位に浮上した。

この日の第3話は、ついにデンマークで“K-カルチャーショップ”がオープン。そして、ようやく“ラスボス”キム・ジョングクも合流し、完全体となったメンバーたちの姿が公開された。やはりキム・ジョングクが加わっただけに、雰囲気がガラリと変わり、一気にバラエティ色が出てきた。

最近、キム・ジョングクは日曜バラエティだけでも、午後5時からのSBS「ランニングマン」、午後6時30分からの「道袍の裾なびかせながら」、午後9時5分からのSBS「アラフォー息子の成長日記」と3番組に立て続けに出演していることから、「日曜の男」と呼ばれている。

キム・ジョングクが「道袍の裾なびかせながら」のオファーを受けたとき、元々は日曜放送の編成ではなかったそうだ。それに、キム・ジョングクいわく、「ランニングマン」での姿とも違うし、「道袍の裾なびかせながら」では年長者になるので、番組での役割も違うということだが、さすがに同じ曜日で、しかもほぼ間隔を空けずに3番組は多いのでは?と思っていたが、確実に言えることは、キム・ジョングクの本格的な登場で、微増ながら視聴率が上がったということだ。

(2ページに続く)

関連記事

2022.07.25

blank