Heize&DAWN(イドン)、健康な活動のためにしている努力を明かす


韓国歌手HeizeとDAWN(イドン)は5日に放送されたSBSパワーFM「チェ・ファジョンのパワータイム」に出演し、最近リリースした新曲についての様々な話を直接伝えた。

 2人は互いへの称賛でオープニングをスタート。続けてHeizeの2ndフルアルバム「Undo」、DAWNのデジタルシングル「Stupid Cool」に関する紹介が本格的に行われた。

 まず、Heizeは「タイトル曲はピンとくる。今回『なかったことに』はタイトルを決めるときからタイトル曲だと思った」と伝えた。DAWNはHeizeについて「いつも気になるアーティスト」と信頼を示した。

 「なかったことに」の差別点についてHeizeは「これから泣いても笑っても、自分のために泣いたり笑ったりするという気持ちを込めた。外面的にも幸せに見えるのではないだろうか。いま幸せだ」と明らかにした。

 今回「Undo」にはGEORGE、Giriboy、「(G)I-DLE」ミンニ、「MONSTA X」I.Mが各トラックにフィーチャリング参加した。Heizeは「素晴らしいアーティストの方々が一緒にしてくださってアルバムが輝いた。後半作業まで6か月ほどかかったアルバムだ。実は今も次のアルバムを作っている」と話した。

 一方、DAWNは直接作詞・作曲した「Stupid Cool」をライブで披露し「恋に落ちて、ばかみたいだけどクールでかっこいい姿を込めた」と語った。Heizeは拍手を送り「ライブの緩急調節が本当に上手だ」と褒めた。

 「Stupid Cool」のティザーイメージ(画像)は歌手で恋人のヒョナが撮影したカットで話題を集めたりもした。DAWNは「ヒョナは写真を撮るのが好きだ。今回、他人と違った視線で僕を撮ってくれた。だからもっと意味があるし、特別なアルバム」と愛情を示した。

 また、健康な活動のための2人の努力も言及された。Heizeは「痩せすぎだったときから6キロ増量した」と話し、DAWNは「今回、活動しながらダンスを熱心に踊ろうと、ご飯をよく食べている」と公開した。
WOW!Korea提供

2022.07.05

blank