ひとり立ちしたナヨン(TWICE)&ジョングク(BTS)&J-HOPE(BTS)ら、トップアイドルの新たな挑戦

TWICEナヨンとBTS(防弾少年団)ジョングクが、新しいチャレンジを始めたトップアイドルグループのメンバーにふさわしい存在感を見せた。デビュー後チーム活動に集中してきた彼らが、以前とは異なる形態の活動で成果を出した点でより注目されている。
ナヨンは、ソロアルバム「IM NAYEON」で人気と底力を証明した。「IM NAYEON」は、ナヨンがデビュー7年ぶりに初めて出したソロアルバムであるので、発売前からファンの爆発的な反響を得た。


アルバムの予約注文量は50万枚を超えた。これは、TWICEが昨年11月に発売した3rdフルアルバム「Formula of Love: O+T=<3」の予約住文量(約70万枚)に近い数値で、ナヨンのソロ出撃に向けたファンの高い関心度を実感させた。
ナヨンは国内外のファンから大歓迎されて、先月24日に「IM NAYEON」を発売した。このアルバムは発売後、累積基準で海外20地域のiTunesアルバムチャートと17地域のApple Musicアルバムチャートのトップを獲得した。ナヨンのグローバルな人気を見せた結果だ。


タイトル曲「POP!」は韓国最大の音源サイトMelonのトップ100チャートで徐々に順位が上昇し、10位圏までランクインした。音楽番組の舞台で話題を集めたのが順位上昇につながったものとみられる。
「POP!」は相手の心を爆発させるという魅力的なメッセージと中毒性の強いメロディーが特徴のダンストラックだ。この曲に合わせてパフォーマンスを繰り広げるナヨンの姿を見ることができるミュージックビデオであるYouTubeの視聴回数は5000万回突破を目前にしている。

(2ページに続く)

関連記事

2022.07.01

blank