BTS(防弾少年団)ジョングク、チャーリー・プースとのコラボ曲「Left and Right」全世界を席巻…iTunes93ヶ国/地域で1位


グループBTS(防弾少年団)のジョングクとチャーリー・プースのコラボ曲が全世界を席巻した。

BTSのジョングクは、24日(以下、韓国時間)リリースしたアメリカのシンガーソングライターでプロデューサーのチャーリー・プース(Charlie Puth)とのコラボ曲「Left and Right (Feat. Jung Kook of BTS)」で、25日午前7時までアメリカ、カナダ、デンマーク、スウェーデン、フランスなど93ヶ国/地域のiTunesの“トップソング”チャートで1位になった。

「Left and Right」は、公開直後に韓国最大音楽配信サイト Melon、Bugsなど、リアルタイムチャートでも最上位圏に進入したし、この曲のミュージックビデオは公開後12時間16分目に1,000万ビューを突破して多数の国家/地域でYouTube人気急上昇音楽の上位圏にランクした。

「Left and Right」は、活気にあふれてファンキーな感性が際立ったPOPジャンルのナンバーだ。 チャーリー・プースが直接プロデュースし、二人のアーティストが特有のボーカルを明るくてすっきりしたメロディに自然に溶かして自由奔放でハツラツとした個性あふれる曲に完成した。

「Left and Right」のミュージックビデオは、Drew Kischが監督を引き受けて、ジョングクとチャーリー・プースが自分たちの頭の中を脱出しようとするヒーリングファンタジーを茶目っ気あふれる映像で表現した。

関連記事

2022.06.25

blank