ハン・ヒョジュ、カン・ハヌル、イ・グァンスら出演「海賊:鬼旗(パイレーツ2)」「アクション、コメディ、ラブラインまで完ぺきなケミ」


エキサイティングな展開と愉快な楽しさ、圧倒的な見どころで熱い好評を呼んでいる映画「海賊:鬼旗(パイレーツ2)」が、俳優たちが作り上げた多彩なケミストリーによって公開前から爆発的な反応を集めている。

韓国娯楽ブロックバスターとして一線を画した「パイレーツ:海へ行った山猫(2014)」のパート2にあたる「海賊:鬼旗(パイレーツ2)」は、跡形もなく消えた王室の宝物を手に入れるために海に集まった海賊たちのスペクタクルな冒険を描いた映画だ。前例のない巨大なスケールのアドベンチャーで、新年のスクリーン街の平定を予告する映画「海賊:鬼旗(パイレーツ2)」が映画の中の様々なケミに対する爆発的な反応を引き出して注目を集めている。

映画「海賊:鬼旗(パイレーツ2)」で、自称"高麗一の剣の使い手"であり義賊団を率いる頭目の「ムチ」に扮したカン・ハヌルと、海を平定した海賊団の主人「ヘラン」を演じたハン・ヒョジュは、山と海、生まれつき相容れないといがみ合う一方、重要な局面になるといつもそうだったように力を合わせていく最高のコンビネーションを、しっかりした演技力と呼吸で描き出し好評を得ている。

試写を見た観客たちは「ヘランとムチが思わぬところで笑いを誘ってよかった」、「なんだかんだぶつかりながらも、さりげないカン・ハヌルとハン・ヒョジュの相性がすごい」、「アクション、コメディ、ラブラインまで完璧なコンビ」などと絶賛した。

(2ページに続く)

2022.01.14

blank