「バラコラ」「極限デビュー野生ドル」、ソンギュ(INFINITE)×Jun.K(2PM)×テイル(Block B)×ニエル(TEENTOP)が“K-POPカバーダンスミッション”でワンポイントレッスン!


野生地で繰り広げられる異色のサバイバルオーディション「極限デビュー野生ドル」(MBC)。

10月7日(木)第4話の放送では、デビューに向けた本格的な生存競争が幕を開けた。これまでのデビュー候補選抜戦で勝ち抜いた上位14人に、参加者たちの投票により同票だった2人が追加され、45人から16人まで絞られた。デビュー候補16人は、もう番号ではなく、名前が公開され、点数もリセット。ここからはデビューできる7つのイスを巡る競い合いなので、より熾烈になっていく。

デビュー候補16人の顔触れを見ると、初回放送でMCのキム・ジョングクやパネラーたちから、キャラクターで注目されていた参加者はほとんど残っておらず、ソンギュ(INFINITE)にそっくりな33号のイ・チャンソンが2位通過したぐらいか。デビュー経験者もかなりいたが、やはり残っているのは、「IM」と「UNB」出身のキム・キジュンと「VAV」のノ・ユンホ(エイノ)ぐらいなので、あまり先入観なく、参加者たちの魅力を見つけていけそうだ。

この日は、「チームワーク評価」の“K-POPカバーダンスミッション”の模様が公開された。まずチーム決めでは、デビュー候補選抜戦の上位4人が各グループのリーダーとなり、残りの12人は自分が共にしたいリーダーのいるチームを選ぶという方法で4組に分かれた。

Aチームは1位通過のイム・ジュアン、Bチームは2位通過のイ・チャンソン、Cチームは3位通過のパク・ゴヌク、Dチームは4位通過のソ・ソンヒョクがリーダーを務め、チームを構成。中でも、戦力が良さそうに見えるAチームが、“アベンジャーズチーム”と期待をかけられたが、思うような結果を残せず、チーム内の衝突が起こるシーンも予告された。このような参加者同士の葛藤が、いかにもサバイバルオーディションという感じだ。

“K-POPカバーダンスミッション”では、このミッションをサポートし、評価をするプロとして、ソンギュ、Jun.K(2PM)、テイル(Block B)、ニエル(TEENTOP)が登場。

ミッション曲は「INFINITE」の「Be Mine」、「2PM」の「My House」、「Block B」の「Very Good」、「TEENTOP」の「Rocking」。4チームはこの中から1曲を選んで90分間練習し、原曲者たちの前で評価を受けるという難易度の高いミッションだ。

選曲にあたり、似ていると話題になっているソンギュとBチームのリーダー、イ・チャンソンの絡みも面白かった。ソンギュが「うちのチャンソンはどの曲が好き?」と聞くと、「『TEENTOP』先輩がすごく好きなので」と言い始めたイ・チャンソンはソンギュの様子を伺い、「でも、『Be Mine』が良いと思います」と切り替えたが、ソンギュは「これからは“チャンソンさん”と呼ぶことにします(笑)」と返した。2人の掛け合いも今後の見どころになっていきそうだが、やはりトークではソンギュが何枚もうわてだ。

(2ページに続く)

2021.10.09

blank