「イカゲーム」のファン・ドンヒョク監督、米CNNとのインタビュー…「シーズン2にはイ・ビョンホンらのエピソードを盛り込みたい」


ファン・ドンヒョク監督がNetflixオリジナルシリーズ「イカゲーム」“シーズン2”の計画を伝えた。

米CNNが8日(現地時間)に公開したインタビューでファン・ドンヒョク監督は、「シーズン2をやることになったら、どんな話をしなければとオープンにしておいた余地はある」としながら、「まだ説明していないフロントマン(イ・ビョンホン)の過去やジュノ(ウィ・ハジュン)の物語、カバンにステッカーを持って行き来する男(コン・ユ)の話。これらをシーズン1で説明をしなかったために、シーズン2ではそんな部分を説明したい」と伝えた。

しかし「イカゲーム」の新シーズンに対する心配はある。これに先立ちファン監督は、「イカゲーム」を準備しながら歯が6本抜けるほどに大きなストレスを受けたことがあると明かした。

ファン監督は「一人でシナリオを書き、プロデュースをしてディレクティングをするのがとても大変なことなので、シーズン2をやると思うと、非常にとても心配になることではある」としながら、「まだはっきりと決まったことはない。多くの方々がシーズン2の話をするので、個人的に悩んでいる」と打ち明けた、

先月17日に公開された「イカゲーム」は456億ウォンの賞金が懸けられた謎のサバイバルに参加した人々が、最後の勝者になるために命をかけて極限のゲームに挑戦する物語を描いたNetflixシリーズ。韓国Netflixの「きょうのTOP10」の1位を記録したのはもちろん、アメリカの「きょうのTOP10」や「ワールドランキング」(FlixPatrol提供)の1位になるなど、全世界的に熱い人気を博している。

WOW!Korea提供

2021.10.09

blank