「バラコラ」「SEVENTEEN」、「In the SOOP」でヒーリング旅!ミンギュ×ドギョムはサーキット、ジョンハン×ディエイト×バーノンはパラグライダー体験!


「SEVENTEEN」のリアルバラエティ「In the SOOP SEVENTEEN ver.」(JTBC)が8月30日から毎週月曜放送でスタートした。

森の中で思う存分、自由時間を満喫する旅の模様を収めた「In the SOOP」はHYBEのリアルバラエティで、ちょうど昨年のこの時期、「BTS(防弾少年団)」編が放送されており、今回は「SEVENTEEN」編として帰ってきた。

「SEVENTEEN」のメンバーたちは、練習生期間が平均約4年で、デビューしてからも走り続けてきたので、このような休息は初めてだという。メイクをせずにカメラの前に現れ、番組といえどもオフモードの素顔があちこちにあった。

特に、「SEVENTEEN」は絆の強いグループだが、それはメンバーたちがお互いを思いやる気持ちを大切にしているからだと分かる場面がいくつも見られた。例えば、部屋を決めるとき。小さな音にも敏感に反応して、眠れなくなるジョンハンとディエイトを優先し、決めていったのだ。また、ジュンがチョッパル(豚足)を作ったが、ピーナッツアレルギーのあるバーノンのため、ピーナッツを入れずに作るなど、細やかな気遣いを見せていたのが心温まる光景だった。

初回放送では、メンバーそれぞれが自由に自分のタイミングで食事をしていたので、たくさんモクパン(食べる放送)が出てきたが、中でも97年生まれの同い年ミンギュとドギョムがかまどを作り、そこで豪快なトマホークステーキを焼いていたのが、ビジュアル的にインパクト大だった。このとき、キムチサムギョプサルも焼き、完全に肉パーティー状態。サイドメニューとして、スングァンがラーメンを担当したが、水の量を気にして減らしたり増やしたり、たかがラーメンを作るのに悩む繊細な姿が可愛くもあった。

ユンノリ(伝統的なすごろくゲーム)をするメンバーもいた。ドギョム×スングァン、ジョンハン×ウォヌがチームとなり、2対2で対決。英語禁止などいくつか制約を決め、楽しんでいた。

そのそばでは、本を読んでいるうちに、いつの間にか寝てしまったエスクプスの姿も。不眠症だと言っていたが、2年ぶりにぐっすり眠れたとか。ちなみに、エスクプスが読んでいたのは、作家キム・スヒョンのエッセイ「頑張らずに気楽に」だった。

(2ページに続く)

2021.09.09

blank