「バラコラ」「LOUD」、ついにデビューメンバー決定で大号泣!PSY「“小さな巨人”コウキを僕と同じ気持ちで育ててほしい」


9月4日(土)放送の「LOUD」(SBS)第14話の“第8ラウンド”で、ついにJYPエンターテインメント(以下、JYP)とP NATIONからデビューするボーイズグループのメンバーが決定した。

生放送3週目となるこの日の“生放送ファイナルラウンド”は、全員参加で2回の対決ステージを行い、その後、事務所の先輩アーティストとスペシャルコラボステージを披露するという構成。今回も事務所評価で1人ずつ脱落し、対決に負けたチームからは事前ファン投票最下位のメンバーが脱落するというのは変わらないが、リアルタイムのファン投票がこれまでとは違い、ミッションごとではなく、JYPかP NATIONを選ぶという方法に変わった。

今回も本格的な対決ステージの前、ファイナル進出者(JYPは6人、P NATIONは8人)がライバル構図で紹介された。ビジュアルでファンの心をつかむケイジュvsウ・ギョンジュン、末っ子のイ・ドンヒョンvsコウキ、リーダーシップを発揮しているユン・ミンvsチェ・テフン、根気強く努力・練習をするアマルvsオ・ソンジュン、エースのイ・ゲフンvsチョン・ジュンヒョクといった5項目10人だ。つまり、ここで紹介されているのが注目メンバーであり、結論から言ってしまうと、ここで紹介されなかった人が今回の脱落者だった。


今回はP NATIONの先攻。最初の対決は、事前投票でファンが選んだ“ファン推薦曲ミッション”だ。チームP NATIONは「X1」の「MOVE」でパワフルな振付、圧巻のシンクロダンスで魅せ、チームJYPは先輩である「DAY6」の「Love me or Leave me」でスカーフを使った振付など、叙情的で華やかなステージを飾った。

次の対決は、80、90年代の名曲を再解釈し、披露する“レトロK-POPミッション”。チームP NATIONはロックバンド「ソンゴルメ」の「偶然に出会った君」を選曲。ドラマ「賢い医師生活」のバンドシーンでも演奏された曲だ。この曲をディスコ・ファンク調に変え、明るくポップな雰囲気を漂わせ、これまでとは違う魅力を発揮。PSYはチョン・ジュンヒョクを「P NATIONの心臓」と絶賛した。一方、チームJYPはヒョン・ジニョンの「ぼやけた記憶の中の君」を選曲。この曲をコンサートで何度も歌ってきたというPSYは、一番のポイントとなる歌い出しで惹きつけたアマルを褒め、J.Y.Park(パク・チニョン)も誇らしかったと満足気に話した。

これまでJ.Y.ParkとPSYはさまざまな評価をしながら名言を生み、時には楽しいやり取りを展開してきたが、ここでPSYの芸達者ぶりを感じさせる一幕も。スーパーエージェント兼MCのイ・スンギがPSYに、“ラウド”で“あいうえお作文”をしてほしいとムチャブリしたのだ。すると、PSYは慌てながらも承諾し、「ライバルは誰だと思う?」、「ウリ(私たち)にとってライバルは?」、「ドリームを追う私たち自身です」とキレイにまとめた。生放送なのに台本にないことを言ってしまうイ・スンギもイ・スンギだが、それを受けるPSYもPSYで、すごいと感じさせる場面だった。

(2ページに続く)

2021.09.07

blank