「バラコラ」SE7EN、恋人イ・ダヘのレシピでアボカド料理! 初の電話共演でいままで2ショット写真がなかったワケも公開!


8月28日(土)に放送された「全知的おせっかい視点」(MBC)にSE7ENが出演した。気付けばもうデビュー19年目で、面白おかしくなにかと“昔の歌手”扱いをされていたが、実はSE7ENが元祖というものが多く、ペンライト、デジタルシングルもSE7ENから始まったという。また、“7”へのこだわりが強いことでも知られるが、ケータイ電話も7777、車のナンバーも777、住んでいるマンションの階数も7階と徹底している。

今回、密着VTRはSE7ENが自宅のリビングで、ゴルフ番組を視聴している姿から始まった。そのため、同じMBCの「私は一人で暮らす(邦題:シングル男のハッピーライフ)」かと錯覚するほどだったのだが(笑)。家の中はスッキリと片付いていて、テロップで「斬新な整理」(tvN)出演可能性0%(すでに番組は終了)と表現されていたほど。

フィギュアやワインが種類ごとに並んでいたが、家にいる時間が多かったので、ソムリエの資格をとったというSE7EN。ふと立ち上がると、モコモコした掃除用手袋をはめ、家のあちこちにあるフィギュアを拭き、ほこりをとるマメさも。

また、カメラがあると何かしなきゃいけないと思うそうで、作業部屋ではピアノを弾いてみせたり、移動の車内ではずっとカメラに話しかけていたり、そういうサービス精神旺盛なところが、“昔の歌手”と言われてしまうのかもしれない。

そんな今回のSE7EN編で一番注目を集めたのは、交際中の女優イ・ダヘが声の出演をしたことだ。交際7年目と言われているが、朝はイ・ダヘが教えてくれたというレシピで、かぼちゃ&ナツメ&牛乳に乳酸菌を入れたシェイクを作ったり、ゴルフコンテンツのYouTube準備のため、自宅に芸人キム・ジュノが来ると、やはりイ・ダヘが教えてくれたというアボカド&明太子のビビンバやアボカドコーヒーを作ったり、生活の中に彼女の痕跡が見え隠れしていた。

このアボカドを持ってきたのがイ・ダヘだったのだ。ところが、キム・ジュノは普段アボカドを食べないとかで、コーヒーも嫌いだと言ってごねたので、SE7ENがイ・ダヘに電話をかけたというわけだ。キム・ジュノは電話越しに、ドラマ「推奴~チュノ~」のチャン・ヒョクのモノマネをしたり、ギャグを言ったりしてイ・ダヘを笑わせ、「SE7ENにそろそろ飽きてくる頃じゃない?」と何気に聞くと、「会えば会うほど魅力がある」とのろけるイ・ダヘ。

(2ページに続く)

2021.09.02

blank