BTSジミン、6月のボーイズグループ個人ブランド評判1位…向かうところ敵無し!2位V(BTS)、3位ジュノ(2PM)

BTS(防弾少年団)のジミンが、6月のボーイズグループ個人ブランド評判でも1位になった。

韓国企業評判研究所は、ボーイズグループ個人ブランド評判ビッグデータ分析のために、2021年5月19日から2021年6月19日までボーイズグループ個人632人のブランドビッグデータ91,756,256個を抽出して、ボーイズグループ個人ブランドに対する消費者行動分析をもとに作った参加指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数でブランド評判指数を分析した。

ブランド評判指数は、消費者のオンライン習慣がブランド消費に大きい影響を及ぼすということを探し出して、ブランドビッグデータ分析を通じて作られた指標だ。

ボーイズグループ個人ブランド評判分析を通じてボーイズグループ個人ブランドに対する肯定・否定評価、メディア関心度、消費者の関心とコミュニケーション量を測定することができる。 ボーイズグループ個人ブランド評判分析にはブランド影響力を測定したブランド価値評価分析とブランド評判モニターの定性評価も含んだ。


 

2021年6月のボーイズグループ個人ブランド評判の10位までの順位は、ジミン(BTS)、V(BTS)、ジュノ(2PM)、ジョングク(BTS)、チャ・ウヌ(ASTRO)、JIN(BTS)、SUGA(BTS)、RM(BTS)、ジョンヒョン(SHINee)、ユン・ドゥジュン(Highlight)の順で分析された。

韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は、「2021年6月のボーイズグループ個人ブランド評判分析結果、BTSジミンブランドが1位を記録した。 ボーイズグループ個人ブランドのカテゴリー分析をしてみると、2021年5月のボーイズグループ個人ブランド評判ビッグデータ126,052,609個と比較すると27.21%減少した。 細部分析を見ると、ブランド消費20.51%上昇、ブランドイシュー66.28%下落、ブランドコミュニケーション15.10%下落、ブランド拡散0.59%下落した」と、明らかにした。

引き続き「ボーイズグループ個人ブランド評判1位を記録したBTSジミンブランドは、リンク分析で“楽しい、熱狂する、公演する”が高く出てきたし、キーワード分析では“Butter、ARMY、ファンミーティング”が高く分析された。 肯定・否定比率分析では肯定比率81.07%と分析された。 2021年5月のBTSジミンのブランド評判ビッグデータ4,727,034と比較すると35.74%上昇した。 細部分析を見ると、ブランド消費20.12%上昇、ブランドイシュー0.88%下落、ブランドコミュニケーション90.70%上昇、ブランド拡散41.84%上昇した」と、ブランド分析した。

2021.06.19

blank