国会議員リュ・ホジョン、タトゥー合法化推進 “BTSの体から絆創膏をはがせ!”...BTSファン”政治的な目的で特定の歌手を利用するな”と批判

リュ・ホジョン国会議員が、タトゥー(刺青)の合法化を推進すると発表した。
リュ議員は8日、自身のフェイスブックに「BTSの体から絆創膏をはがせ!」というタイトルの文を掲載してBTSジョングクの写真を添付した。
写真のジョングクは、右手のタトゥーを公演などでは公開する一方で、番組に出演するときはすべて覆っている。


これに対してリュ議員は「好きな芸能人の体に貼られた『ばんそうこう』をご覧になったことがあるか」として「特に、韓国の放送でよく見られるが、驚くのは『タトゥー』を隠すための放送局の措置」と指摘した。

続いて「『放送審議に関する規定』のせいではないだろう。タトゥーは倫理的感情や情緒を害したり、青少年視聴者に悪影響を与えるという主張は、芸術的な表現の自由の前に説得力を失ったが、『タトゥー行為』はまだのようだ」として「自由な個人の個性と創意を尊重する世界の変化に『制度』が追い付いていない」と批判した。
また、「美しい絵と素晴らしい言葉、私たちの周囲でよく見られるタトゥーは違法だ。タトゥー人口300万時代、最高の技術力、高い芸術性を持つ国内タトゥーイストが世界大会を席巻し、世界の舞台で優れたアーティストとして崇められているのが、『K-タトゥー』を韓国だけが無視している」と声を高めた。

彼女は、タトゥー業法制定案立案の事実を知らせながら、「タトゥー行為を定義し、免許の発給要件と欠格事由を規定した。申告された店で、資格が認められたタトゥーイストだけが施術できるようにした。国民の健康権に直接影響を与える行為であるだけに、保健福祉部を主管部署とし、タトゥー業者に衛生と安全管理義務、関連教育を履修する責任を与えた」と説明した。
続いて「タトゥーイストとタトゥー業を保護し、国民の健康権を保障する『タトゥー業法』だ。法の要件を満たすために、記者会見を開くつもりだ。『リュ・ホジョンのタトゥー』と素敵なアーティストが共にする」と強調した。

この文章が投稿されると、BTSのファンは「ジョングクの写真を使わないで」「アーティストの同意もなくイシューとして扱わないで」「政治的な目的で特定の歌手を利用するな」などの否定的なコメントを残した。

2021.06.09

blank