「バラコラ」ソン・シギョン、ペク・チヨン&キュヒョン(SJ)と幻想的なデュエット披露!新曲発売日が「BTS(防弾少年団)」と同じで、しかもバターつながり!?

5月16日(日)に放送された「ティキタカー」(SBS)に、韓国バラード界を代表するソン・シギョンとペク・チヨンがゲストとして出演。今回はバスが延世大学に停車し、スペシャルなライブコンサートが展開された。

ソン・シギョンはあまりにもレギュラー出演するバラエティが多いので、今回のようにガッツリ歌う番組に登場したというのが新鮮なうえ、ペク・チヨンとの歌でのコラボはやはり格別だった。

延世大学ノチョン劇場はソン・シギョンが2012年から毎年5月にブランドコンサート「祝歌」を開催してきた場所。昨年と今年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、2019年が最後となっているが、その2019年の公演にはペク・チヨンと、番組レギュラー出演者のキュヒョン(SUPER JUNIOR)もゲスト出演している思い出の場所だ。今回はバスの中での歌唱だったが、漏れ聞こえてくる歌声に引き寄せられるよう、いつの間にかバスの周りには人が集まり、路上ライブのような雰囲気となっていた。

エピソードトークを絡めながら、ソン・シギョンとペク・チヨンが歌唱していく展開で、まずはペク・チヨンがソン・シギョンの「二人」を、ソン・シギョンがペク・チヨンの「その女」(ドラマ「シークレット・ガーデン」のOST)を選曲。お互いの曲を熱唱したが、原曲とはまた違う味わいがあり、特にペク・チヨンは「歌を聴きながら、シギョンがこんなにピッチが良いとは思わなかった」と驚きを隠せず、感動するほどだった。

また、大好きな兄貴分であり、ロールモデルのソン・シギョンがゲストということで、番組始まって以来、一番生き生きと弾けているとレギュラー陣からつっこまれたキュヒョンとソン・シギョンのスペシャルデュエットも。「AKMU」のHow can I love the heartbreak, you’re the one I love」を歌い、ソン・シギョンは「男同士だからヘンな感じがする」と言っていたが、ペク・チヨンは二人が一緒に歌うこと自体がいいとし、うっとりしていた。完璧なヒーリングタイムだった。

さらに、ソン・シギョンとペク・チヨンといえば、OSTも欠かせない。ソン・シギョンはOSTを選ぶ基準として、結局は自分の曲になるのだから、ドラマの脚本家、俳優は誰か、さらには台本まで見ながらドラマがヒットする作品かどうかを検討し、決めるのだとか。

そうは言っても、思い通りにならないケースもある。「シークレット・ガーデン」のOST「君は僕の春なんだ」はドラマが8話まで放送された後、ラブシーンに挿入する曲として急遽オファーがきたそうで、すでにドラマが大ヒットしていたので、信じて歌えた曲だった一方、ドラマを熟考して選んだのに、他のドラマのOSTが大ヒットしたケースも。

(2ページに続く)

2021.05.19

blank