ラッパーユク・ジダム、悪質なDMに痛み訴え


ラッパーユク・ジダムが「マネーゲーム」に出演した後、悪質な書き込みに苦しみ、苦痛を訴えた。

ユク・ジダムは1日、自身のインスタグラムストーリーに荒らしのDM(ダイレクトメッセージ)を公開した。

これによると荒らしはユク・ジダムに「おい、このXX、言うこと一つ一つイライラしてメッセージを送る。ちょっとは考えて生きろ。本当に殺したい。家庭教育の問題。君はすごく至らない。至らないを越えて障害者だ」と悪口と暴言を浴びせ衝撃をもたらした。

ユク・ジダムはYouTuberヨンジンのYouTubeチャンネルのコンテンツ「マネーゲーム」に出演中し、その活躍を見た荒らしが度を超えた悪質な書き込みを送っている。

これにユク・ジダムは「若い年齢で放送出演をすることになり、多くの人に非難を受けてみて、防御のしくみができて、私もひどいことはすでに十分に知っている。3回目で出演者の言葉を続けざまに切ったのも、それが無意識のうちに出てしまったようだ。私もモニターしながら、他の人への行動や言葉が間違っていたことを十分に認識して申し訳なく思っている。7番ガオガイ兄が先に話したにもかかわらず、4回ジョンギにだけ言ったこと、それも申し訳ない。ジョンギが私より幼いという理由一つだけで目立った。すべての出演者に申し訳ありませんが、特にジョンギ様に申し訳ない」と釈明した。

続いて「放映中にこんな言い訳のような文は上げないと決心したが、数日、自分自身があまりにも崩れて危険だということに気づき、『マネーゲーム』が終わる前により被害を与えそうで、こんな文を上げる。だからお願いする。私にDMで死んでしまえという言葉は辞めてください」と述べた。

WOW!Korea提供

2021.05.03

blank