「バラコラ」「AB6IX」、「週刊アイドル」でイ・デフィ×チョン・ウンがびしょ濡れの復讐劇!? キム・ドンヒョン×パク・ウジンは変わった特技(?)を披露!

4月26日(月)に4th EP「MO' COMPLETE : HAVE A DREAM」をリリースした「AB6IX」が、28日(水)放送の「週刊アイドル」(MBC every1)に出演。この日、リード曲「閉じて (CLOSE)」をテレビ初披露した。

「AB6IX」が「週刊アイドル」に出演するのは昨年7月以来となり、これで3回目。今回も4人それぞれが個性を発揮した。まずオープニングで、口の大きさに自信があるというキム・ドンヒョンがクッキーを縦にして、一気に口の中に入れた。普通は何枚入るかを検証するのだろうが、縦にして入れるというのは絵面的にもちょっとした衝撃映像(笑)。「ティラノサウルスみたい」とイ・デフィもビックリ。

キム・ドンヒョンは初挑戦だったらしいが、若干余裕を残して成功した。普段からクッキーを一口で食べるというパク・ウジンも挑戦してみたが、案の定、口に入らず「顎がはずれるかと思った」と失敗に終わったので、キム・ドンヒョンは口が大きいということが証明された。

続いて、指が柔らかく、三つ編みに自信があるというパク・ウジン。ある日突然、その能力に気付いたそうだ。リズミカルにスピーディーに三つ編みをする特技を見せた。
メンバー同士の暴露トークでは、“MC病”のあるイ・デフィが、番組MCのウニョク(SUPER JUNIOR)、グァンヒを差し置いて勝手に進行してしまい、つっこまれる場面も。イ・デフィは「ステージ上とプライベートでのギャップが激しいメンバー」にパク・ウジンを選び、プライベートでは可愛い面が多いと明かした。寮で、他のメンバーの部屋によく行くのもパク・ウジンらしい。

そんなパク・ウジンは「たまに寂しいぐらい客観的で冷たいメンバー」にイ・デフィを選んだ。これにはイ・デフィ自身も、メンバーたちに愛嬌を見せるなんて、ぎこちなくてできないし、メンバーたちに対しては不愛想な方だと自ら納得。パク・ウジンは、イ・デフィのリアクションが全て「わぁ」だけで終わるのが物足りないようで、それを不満そうにしていたが、それでもいつも愛嬌を振りまいてくれるパク・ウジンにイ・デフィは感謝していると伝えた。

 

シグネチャーコーナーの「ランダムプレイダンス」では、第2世代アイドルのカバーリクエストが多かったということで、「2PM」の「Again & Again」を2倍速ダンスで披露し、体をほぐした「AB6IX」。相次ぐ失敗があり、「撮れ高のために、わざと間違えた」と冗談を飛ばしていたが、3回目の挑戦で見事に成功した。

(2ページに続く)

2021.04.29

blank