「バラコラ」カン・ダニエル、よく寝て食べて愛猫と戯れる幸せな“おうち時間”のルールとは? ネットカフェのような部屋も公開! 

4月23日(金)に放送された人気バラエティ「私は一人で暮らす(邦題「シングル男のハッピーライフ」)」(MBC)にカン・ダニエルが初出演した。

カン・ダニエルといえば、初のレギュラー番組は「布団の外はあぶない」。さらに、マネジャー視点の密着バラエティ「全知的おせっかい視点」では自身が代表を務める個人事務所の内部や、仕事の様子などを公開するなどMBCのバラエティとは相性が良く、知られざる素顔を見せてきたが、今回は自宅を初公開し、話題となっている。

これまでこの番組に出演してきたスターたちは、趣味的なことや家事をする姿、友人や知人らとの日常を公開するなど、家にいてもアクティブに動く場面が多かったが、カン・ダニエルは違った。“おうちが大好き”な彼らしく、テレビ番組だからといって特別なことをすることもなく、穏やかにのんびりと過ごす平凡な日常をそのままさらけ出した。

一人暮らしを始めて4年目だというカン・ダニエルはこれまで引っ越しを繰り返し、この家が6番目の家。家庭的な雰囲気が気に入ってこの家に決めたそうだ。大きなベッドがあるのに、それを使わず、リビングのソファで寝ている姿から始まった。しかも、よっぽど疲れていたのか2度寝をし、寝ぼけ眼でケータイをとると、朝ごはんをデリバリー注文した。

それを待っている間、愛猫2匹と触れ合うカン・ダニエル。1匹は隠れるのが好きだというオリ(韓国語でアヒルの意味)。好きな映画「コンスタンティン」でヒロインが飼っていた猫の名前がダックだったので、そこからとったそうだ。

もう1匹は大きなチャンア。することがちょっと憎たらしかったのでチャンア(韓国版「クレヨンしんちゃん」で野原しんのすけはチャング、妹ひまわりはチャンア)と名付けたという。そんな愛猫たちをまるで赤ちゃんをあやすように抱きかかえていたが、それがカン・ダニエル流だ。

注文していたトンカツとネンモミル(冷たいそば)が届き、食欲がないと言いながらもモリモリ食べた後は、テレビゲームを始めたカン・ダニエル。黙々とゲームをし、その場から全く動かないが、表情だけはコロコロ変わる。どうやら、集中していると唇を突き出すクセがあるようだ。

すると、ゲームをしながら眠くなってきたようで、また先ほどまで寝ていたソファに横になると、幸せそうな表情で眠りについた。休日は18時間寝ることもあるそうだが、この日も昼寝(?)でいびきをかくほど熟睡していた。起きると、当然ながら顔はパンパン(笑)。

(2ページに続く)

2021.04.26

blank